歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは


歯周ポケットクリーナ「デントール」

歯周病の臭いや口臭の原因とは

<歯周ポケットとは>

歯と歯肉の境目の溝をいいます。

歯と歯肉の間には、わずかな隙間があり、歯はその周りを溝に取り巻かれています。

この溝に汚れが入り込むことからポケットと呼ばれています。

この深さは健康な人で、1〜2mm、中程度の歯周炎があると3〜5mm、歯周病が進行した場合は6mm以上になることがあります。

歯周ポケット内に溜まった歯垢(プラーク)の中では細菌が繁殖しやすく、硬くて歯ブラシではとれない歯石もできて、歯肉の炎症を進めます。

その結果、歯を支える土台である歯槽骨を溶かしてしまいます。

歯周ポケットが深いということは、歯を支えているはずの歯槽骨がなくなっていることなのです。

<歯周炎とは>

歯周病のある程度進行した状態のことで、歯周炎になると、歯肉が腫れる、口臭が発生する、歯肉から出血したりします。

そして、歯垢(プラーク)中の細菌によって歯槽骨が破壊され、歯周ポケットが徐々に深くなっていきます。

<歯周病とは>

細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないと、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

歯周病の恐ろしさは、痛みがほとんどなく、自覚症状がないことです。

進行すると歯周ポケットが深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになります。

<歯周病の原因とは>

口の中には300〜500種類の細菌が棲んでおり、普段はあまり悪いことをしません。

しかし、ブラッシングが十分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、菌の表面にくっつきます。

これが歯垢(プラーク)で、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

この中の細菌が虫歯や歯周病を引き起こします。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石といわれる物質に変化します。

これが歯の表面に付着し、ブラッシングだけでは取り除くことができなくなります。

この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

<歯周病の口臭の臭いとは>

歯周ポケットの中の細菌が長期間留まると、細菌が発酵し、腐敗して口臭の原因となります。

歯周病の臭いの主な物質は、メチルメルカプタンと硫化水素です。

メチルメルカプタンの臭いは強烈で、臭いの特徴として、腐った玉ねぎのような臭いがします。

部分的に深い歯周ポケットがあると臭いを放つといわれています。

メチルメルカプタンは、虫歯菌や歯周病菌が原因で発生しますので、改善方法は菌をなくすことです。

丁寧な歯磨きが一番の改善方法になります。

硫化水素の臭いの特徴として、腐った卵のような臭いがします。

この臭いは、嫌気性菌という歯周病菌が唾液・血液・はがれた上皮細胞・食べかすなどを分解するときに発生するものです。

この臭いが多く見られるのは舌苔なのです。

硫化水素をなくすには、やはり丁寧な歯磨きが一番の改善方法なのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします