歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど

歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど

歯周病の臭いや口臭の原因とは>歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど

歯周ポケットクリーナ「デントール」

歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど

糖尿病は歯周病のかかりやすさの因子と考えられています。

歯周病は、見えない歯周ポケットのなかに有害な細菌がたくさんすんでいて、それが絶え間なく歯のまわりの組織に炎症を引き起こす病気ですが、糖尿病患者の場合には、外から侵入する細菌を食べる白血球のはたらきが弱くなっています。

このため、短期間のうちに重症の歯周病にすすんでしまう可能性が高いのです。

糖尿病患者の場合には、歯肉の炎症も目立ったかたちであらわれます。

また、膿が歯のまわりの組織内にたまって急に痛くなる歯周膿瘍をひんばんに起こします。

歯周病が重症にすすみやすいばかりではありません。

糖尿病の患者さんの場合には、手足にケガをしたときに傷の治りが悪いのですが、それと同じように、歯周病のために生じた傷の治りも悪く、治療に対する反応もよくありません。

糖尿病は歯周病を起こす直接の原因ではありませんが、歯周病をひどくする因子です。

ですから糖尿病の人は、健康な人より何倍も歯周病に対する予防を心がける必要があるのです。

また、ほとんどの人が眠っているあいだや昼間でも、無意識に歯をくいしばることがあります。

また、ギリギリと歯ぎしりをするくせのある人も少なくありません。

どのような理屈かははっきりしていませんが、このくいしばりや歯ぎしりも歯周病を悪くする因子であることがわかっています。

歯ぎしりやくいしばりは、精神的なストレスが原因であるとされています。

歯ぎしりやくいしばりが病的に激しい場合には、自己暗示などの方法を試みます。

どのような場面でくいしばるかを調べ、目につきやすいところに目印を貼りつけておいて、目印シールが目についたら、くいしばっていないかどうかを反省するというような方法を試みることです。

あるいは、歯ぎしりやくいしばりの弊害を少なくするために、歯の表面をおおう透明なプラスチックのマウスピースを装着するということもひとつの方法です。

かみしめの習慣がない場合でも、かむ力が歯に悪い影響を与えることがあります。

かぶせたり、詰めたりする歯科治療や、抜歯、事故、ひどい虫歯などのために歯のかみ合わせが急に変わることがありますが、そのような場合に、ある特定の歯に特別強い力が集中することがあります。

これにかみしめや、寝るときの姿勢などの悪い要素が重なることもあります。

このような場合には、歯周病にかかっていなくても歯がぐらぐら揺れはじめることがあります(咬合性外傷)。

プラークコントロールがしっかりできている人の場合には、かみ合わせを調整すれば、このぐらぐらはすぐに治ります。

ただ歯周病がこれに重なると、ことは重大で、ふつうの歯周病では考えられないスピードで、歯を支える骨が溶けてしまうのです。

歯ぐきから出血したこともない歯が、急に揺れはじめたら咬合性外傷を疑いがあります。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします