歯周病と唾液の質と量

歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周病と唾液の質と量

歯周病の臭いや口臭の原因とは>歯周病と唾液の質と量

歯周ポケットクリーナ「デントール」

歯周病と唾液の質と量

「歯の質が弱い」という人や、「女は子どもを産んで歯がダメになる」という体験談もよく耳にします。

実際、歯のエナメル質は人により、そのかたさはさまざまです。

しかし、俗に「歯の質」といわれている質のちがいは、じつはなによりも唾液のちがいです。

唾液の量や唾液に含まれる抗菌成分は人によってずいぶんちがいます。

また、歯のかたさ、すなわちミネラルの結晶の状態も唾液によって左右されます。

唾液は刺激によって分泌され、その量は一日約一リットルといわれていますが、人によりあるいは同じ人でもよくかめば唾液がたくさん出ますし、かまなければ唾液は少ししか出ません。

また女性は、男性にくらべて唾液の量が少ない(刺激時の比較で男性の八五パーセント)のですが、さらに閉経後には唾液の分泌量が減少することが知られています。

分泌量ばかりではなく、唾液の質が人により大いにちがうのです。

歯にくっついたプラークを中性にもどそうとする性質を緩衝作用といいますが、この唾液の緩衝能力は人によって、ときと場合によってちがいがあります。

そしてさらに重要なことに、唾液には細菌の増殖を抑制する抗菌作用があるのです。

唾液の量がなんらかの原因で少ない人は、虫歯になりやすい人です。

口のなかを洗い流す能力が劣っているばかりではなく、分泌量が少ないと、一般にプラークを中和する能力も低くなってしまうのです。

もちろん、細菌が増えるのを抑制する力も劣ります。

歯にくっついたプラークが産生しつづける酸によって歯のカルシウムやリンが溶け出し虫歯になるのですが、唾液はこのプラークを通してカルシウムやリンを歯のなかに送り込む働きもしています。

食事をとってから時間がたてば、プラークからつくられる酸の量は減少し、唾液の緩衝能力のために歯をとりかこむ環境は中性にもどり、ふたたびカルシウムやリンが歯のなかにとり込まれます。

ミネラルがきれいな結晶になった歯は容易に虫歯になりません。

生えたばかりの永久歯が虫歯になりやすく、大人が虫歯になりにくいひとつの理由はここにあります。

睡眠中はほとんど唾液が分泌されないため、もし寝る前にジュースを飲むくせがあるなら、夜通し口のなかでは歯の表面からミネラルが失われます。

糖尿病の人は、食事をしなくても唾液のなかにグルコースが分泌されるため、要注意です。

唾液の性質によって歯石のでき方も人それぞれです。

歯肉から上に見える歯石は、すぐに害になるものではありませんが、歯肉の炎症を起こしやすいので、このような歯石のできやすい人は、ふつうの人よりもひんばんに歯科医院で管理してもらうようにします。

唾液のうち下の前歯の内側近くから出てくる唾液には、たくさんのリンとカルシウムイオンが含まれています。

このため、下の前歯の内側には歯石ができやすく、唾液から二酸化炭素が奪われると、唾液のなかのイオンはいっそう歯に沈着しやすくなります。

ですから、長時間のランニングをする人や、鼻が悪くて口で呼吸する習慣のある人はふつうの人より歯石ができやすいことが知られています。

また鼻の悪い人の場合には、どうしても上の前歯の歯肉の外側が乾いてしまうので、唾液のよい影響を受けることができず、歯肉の炎症を起こしがちのようです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします