虫歯になりやすい人

歯周病の臭いや口臭の原因とは

虫歯になりやすい人

歯周病の臭いや口臭の原因とは>虫歯になりやすい人

歯周ポケットクリーナ「デントール」

虫歯になりやすい人

歯周病にかかりやすい年齢や条件があるように、虫歯にもかかりやすい年齢、かかりやすい人、かかりやすい部位があり、乳歯が生えてから小学校の低学年ぐらいまでの10年は、虫歯になりやすい年齢です。

これに対して、壮年期に新しい虫歯ができるのはめずらしいことです。

虫歯は、虫歯の原因菌と、その原因菌が酸をつくるのに必要な糖、そして虫歯になりやすい歯の三つの条件が重なったときにはじめて生じます。

乳歯が生えてから永久歯が生えそろうまでの期間は、歯の表面が未成熟で、しかも飲食の回数がどうしても多い時期ですから一般に虫歯にかかりやすいのです。

口のなかに虫歯の原因菌がすでに感染している場合、糖が口のなかに入ると細菌は酸をつくり、プラークは酸性に傾きます。

通常、飲食が終わって30分ぐらいの時間がたつと、唾液の能力によってプラークは中和され、歯の表面から奪われたリンやカルシウムは、ふたたび歯の表面に沈着します。

プラークの下では、リンやカルシウムが奪われたり、このように再度沈着したりというプロセスがくり返されています。

たえず飲食物が口のなかにあるような場合、たとえば、のどが痛くてのどアメを四六時中なめている場合には、プラークは酸をつくりつづけます。

唾液が働いて溶けた表面をおぎなう時間がないのです。

唾液の分泌量が少ない人の場合にも、同じような問題があり、唾液は分泌量が少ないと、酸を中和する能力(緩衝能力)も劣ります。

このため、飲食のあとに十分な時間があっても、唾液が働いて溶けた表面を十分回復することができないか、あるいは、十分に中和することができません。

このような場合には、食生活がそれほど乱れていなくても、新しい虫歯をつくることがあります。

唾液の分泌の少ない人は、つい清涼飲料水などを多めにとりますので、どうしても虫歯になりやすいのです。

歯周病の経験のある人、歯を削って詰めたりかぶせた歯のある人は、さらに虫歯にかかりやすくなります。

歯周病が治って、歯と歯ぐきのあいだのミゾが浅くなったときに、歯は長くなったように見えます。

これは、本来、歯の根であった部分が歯肉の上にむき出しになってしまったからです。

この歯の根の部分は、一見、かたい歯と同じように見えますが、細長い細胞のまわりにリンやカルシウムが結晶状にかたまってできた組織なのです。

乳歯や生えたばかりの永久歯よりも虫歯になりやすい組織ですから、虫歯になりやすい条件のひとつがグンと大きくなるのです。

歯を削ってかぶせる治療のしてあるところは、さらに条件が悪いと考えたほうがよいかもしれません。

どんなに精密な治療をしたとしても、歯と金属とのあいだにはミクロのすき間があります。

削られた面は、一般に歯の根と同じ虫歯になりやすい組織です。

しかも、かぶせる治療がしてある分だけ、その治療のミクロのすき間に細菌が停滞して増殖しやすいのです。

虫歯になる場所は、かなり限定されているのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします