女性特有の歯周病の原因とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは

女性特有の歯周病の原因とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは>女性特有の歯周病の原因とは

歯周ポケットクリーナ「デントール」

女性特有の歯周病の原因とは

ガンにせよ糖尿病にせよ、成人の慢性疾患にかかる人は、なんらかの遺伝的な素因(素質)をもっており、生活習慣や性格によってかかりやすさが増したところに、なにかのきっかけが加わって病気になると考えられています。

歯周病の直接の原因は、細菌感染ですが、細菌感染によって歯周病が発症しひどくなってしまう人は、かならずかかりやすさの因子をたくさんもっており、じつは、女性であることはそれだけでひとつのかかりやすさの因子なのです。

思春期になると女性のからだには、女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)が多量に分泌されます。

この女性ホルモンによって歯肉の血液循環が増加し、歯肉は刺激に対して敏感になります。

月経がはじまるようになると、月経前のプロゲステロンの増加によって歯肉に炎症が生じやすくなります。

人によっては、月経がはじまる2、3日前になると歯肉から出血しやすくなるという人もいます。

口臭が気になるという人もあるかもしれません。

ご主人がこれに気づいているということも少なくありません。

歯肉からの出血も、口臭も、歯周病のかなり有力な兆候です。

月経の直前というのは、非常にかかりやすさの高くなるときなのです。

さらに妊娠による女性ホルモンの増加もかかりやすさの因子になります。

女性ホルモン(エストロゲン)は、歯肉を敏感にするだけではなく、妊娠した女性の歯肉炎の部位からは、女性の歯肉炎に特徴的な細菌が見つかります。

この細菌は、歯と歯ぐきのすき間(歯肉溝)からしみ出るエストロゲンを栄養に異常増殖します。

もともとは口のなかの粘膜や咽頭扁桃あたりにいる害のない細菌ですが、女性ホルモンの助けで異常に増えると悪さをします。

更年期の女性の歯の悩みは、思春期から積み重なったかかりやすさによって歯ぐきの健康が失われ、不適切なその場限りの治療のくり返しによって、安定したかみ合わせが失われたことによるもので、この時期にはじまるものではありません。

閉経がどのような理由で歯周病のかかりやすさを高めることになるのかはよくわかっていませんが、臨床的には明らかにこの時期の女性は歯のトラブルを起こしやすいといわれます。

閉経後は骨のなかのカルシウムが失われてしまう骨粗しょう症という病気がすすみます。

重い軽いのちがいはありますが、女性は閉経後、骨のかたちは変わらなくても、骨の中身がスカスカになっていくのです。

このことが歯を支える組織の急速な破壊にも関係しているのかもしれません。

更年期障害や骨粗繋症の治療にはおもにエストロゲンが用いられますので、その副作用で、いっそう歯肉の健康が損なわれる例も多いようです。

また、口の粘膜が乾燥し、テカテカ光り、出血しやすくなる更年期口内炎という症状があります。

灼熱感や味覚異常をともなう不快な状態を経験したら、更年期口内炎を疑う必要があります。

更年期になってから悩んでも間に合いません。

女性にとってなにかと苦痛の多い更年期に、少しでも快適な生活を送るために、女性特有の歯周病のかかりやすさを理解して、かかりやすさが高まる前に、定期的な予防処置を受ける必要があるのかもしれません。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします