妊娠性歯肉炎とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは

妊娠性歯肉炎とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは>妊娠性歯肉炎とは

歯周ポケットクリーナ「デントール」

妊娠性歯肉炎とは

出産によって赤ちゃんにカルシウムを取られてしまうという説には根拠がありませんが、妊娠が歯周病の大きなかかりやすさの因子になることは事実です。

妊婦には、特有の歯肉炎を起こす例がかなりあり、これを妊娠性歯肉炎と呼んでいますが、これは妊娠2〜3ヶ月からはじまり八ヶ月くらいまで悪化し、妊娠九ヶ月くらいになると回復します。

妊娠性歯肉炎は、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの増加によって、歯肉が刺激に敏感になるために起こるものです。

この妊娠性歯肉炎は、妊娠前に気づかないていどの炎症があった場合に、その炎症がひどくなります。

とくに妊娠以前に歯を支える組織が失われはじめていた人の場合、妊娠によって炎症は急性症状を示します。

妊娠初期のつわりのひどい時期に、ねらったように歯の痛みが襲い、しかも妊娠初期は、めったなことでは薬も飲めません。

歯の調子は悪い、食欲はない、栄養はとらなくてはなりません。

痛みをともなうことにでもなると、薬が使えないだけに一大事です。

妊娠性歯肉炎は妊娠末期になれば自然におさまりますが、その間に歯を支える組織の破壊がすすんでしまいます。

赤ちゃんを産んで、歯をだめにしたという話は、こうして真実味をおびてきます。

妊娠中は、このほか歯肉が赤くこぶのように腫れる妊娠性腫瘍ができたり、妊娠前の健康状態が十分でない人の場合には、なにかとトラブルが出やすい時期です。

生まれてくる赤ちゃんに口のなかの悪い細菌を感染させないためにも、それまで以上のケアを心がるようにします。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします