歯周病の発症とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周病の発症とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは>歯周病の発症とは

歯周ポケットクリーナ「デントール」

歯周病の発症とは

歯周病がそのうち自然に治ってしまう病気なら気にすることはありませんが、歯周病は、自然にはよくならない病気です。

もちろん、原因になる細菌がいるからといって必ず歯周病になるわけではありません。

人によって、部位によって、年齢などのからだの条件によって、かかりはじめの状態で病気の進行が止まることもあります。

しかし、歯と歯ぐきのつなぎ目にできてしまったドブに細菌が大量によどんでいるかぎり、条件が整えばいつでも歯周炎は再発します。

いったん深い歯周ポケットができてしまったところは、あるていど治療が成功し、口のなかのプラークのバランスが保たれているあいだは、活動を休んでいるだけなのです。

ふたたびなにか条件が変わると、歯周病の原因になる細菌が増えるかもしれません。

ここに炎症をひどくする要因や歯周病原菌が増える要因が加わると、ふたたび活動を開始することになります。

からだのなんらかの不調やホルモンの変調、歯に加わる外力などによって、ふたたび病気が爆発することになるのです。

活動期にある深い歯周ポケットのなかにはさまざまな細菌が増えつづけ、歯周ポケットの内側に炎症を引き起こしています。

歯周ポケットの細菌は、その場所により大きくつぎの四つに分かれます。

@歯ぐきのきわの歯にくっついている目に見えるプラークの細菌

A歯肉にかくれた歯の根にくっついているプラークの細菌

B歯肉にかくれた歯の根にくっついていない細菌

C肉のなかに入り込んでいる細菌

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします