歯周ポケットのなかのプラーク

歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周ポケットのなかのプラーク

歯周病の臭いや口臭の原因とは>歯周ポケットのなかのプラーク

歯周ポケットクリーナ「デントール」

歯周ポケットのなかのプラーク

歯ぐきにかくれた歯周ポケットのなかのプラークは、歯周ポケットの壁(歯の根)にくっついているプラークと、歯周ポケットのなかにたまっているプラークに分けて考えることができます。

くっついているプラークは鏡で見えるプラークとその組成が似ています。

このプラークは歯肉溝液に含まれるミネラルを取り込み、歯石をつくります。

歯周ポケットのなかの見えないところにも歯石はできているのです。

この歯石は目に見える歯石とちがって、毒素をたくさん含んでいます。

歯の根の表面(セメント質)は、からだのなかのたえずつくりかわっている細胞に富んだ骨と同じ組織ですから、時間がたつと根の表面にくっついた歯石は、根の表面と入り組んで成長します。

歯ぐきの上の目に見える歯石は、じつは、それほど害はないのです。

問題は、このかくれた歯石です。

歯の根にくっついていない歯周ポケットにたまっている方のプラークは、ほとんどグラム陰性の、しかも酸素がないところでしか育たない菌(偏性嫌気性菌)です。

そこには、らせん菌やスピロヘータという、活発に自分で動く細菌も含まれています。

虫歯の細菌には虫のように動く細菌はいませんが、歯周ポケットのなかの細菌は虫のように動く細菌が多いのです。

この歯周ポケットにたまったプラークが、歯周炎に直接かかわっています。

歯周炎の人の歯ぐきのドブのなかにいる細菌は、歯肉炎だけの人ではあまり見つからない酸素の嫌いな細菌やスピロヘータが大勢を占めているのです。

このうち、自分で動きまわる細菌は、炎症を起こしている歯肉のなかに直接入り込むこともあります。

歯肉にかくれたプラークの毒性は、歯肉の外の目に見えるプラークの、ざっと60倍にもなります。

歯周炎の原因菌は、この歯周ポケットのなかのプラークなのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします