歯周病が完全に治るとは

歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周病が完全に治るとは

歯周病の臭いや口臭の原因とは>歯周病が完全に治るとは

歯周ポケットクリーナ「デントール」

歯周病が完全に治るとは

歯周ポケットの中に有害な細菌が増えると内側の壁に炎症が起こります。

プラッシングでジワッと血が出てくるのはこのようなときです。

健康な歯ぐきのミゾの底は、非常につ弱いなぎ目です。

くっつき方の弱いうすい細胞からできた組織で、歯肉が歯の表面にくっついています。

侵入者を攻撃するには厚い壁より、このようなルーズな壁のほうが都合がよいのかもしれません。

しかし、歯肉溝の壁の炎症がひどくなり歯周ポケットに変わると、弱いつなぎ目の味方の守備隊はなりふりかまわず外敵とたたかい、同時に歯肉の繊維や骨を溶かしてしまいます。

からだをまもるための後退戦です。

かくれたプラークや歯石におおわれて汚染された歯の根は、外敵とみなされ、歯の根がからだの外に追い出されるかわりに、歯と歯肉の結合が破壊されてくつついている位置が下がり、結果的に歯周ポケットが深くなります。

深くなればなるほど、かくれたプラークの量は多くなり、種類も複雑になり、表面には見えにくい炎症によって組織が破壊されます。

深い歯周ポケットができ、骨の破壊がすすんでしまうのです。

歯周病は、歯を犠牲にして外敵の侵入を防ぐのです。

歯周病というのはじつに不思議な病気で、ひどくなるまではほとんど目立った自覚症状がなく、ひどくなると歯が揺れ、腫れ、痛み、膿が出て臭く、ついにはボロボロと歯が抜けてしまいます。

これを治療して歯をまもることは容易なことではありません。

ところが、ぜんぶ抜けてしまえば、入れ歯の不自由はあるものの、それまでの苦労がうそのように平穏な状態にもどるのです。

歯周病は歯を支える組織が破壊される病気ですから、ひどくなって歯を支える組織がすっかり破壊されてしまえば、それでおしまいなのです。

ひどくなった歯周病の自然治癒とは、歯が抜けてしまって歯ぐきの炎症がなくなることなのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします