プラークコントロールの方法とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは

プラークコントロールの方法とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは>プラークコントロールの方法とは

歯周ポケットクリーナ「デントール」

プラークコントロールの方法とは

プラークコントロールには、歯ブラシでするブラッシング以外にもさまざまな方法があります。

プラークコントロールは、自身が日常生活のなかでするものと、専門家である歯科医や歯科衛生士がするものがうまくかみ合ってはじめて効果をあげます。

かんたんに分けると、患者さんと歯科医院はつぎのように役割分担します。

自身のプラークコントロールは、まず飲食の回数と飲食する糖分の量を控えめにすることからはじまります。

ものを食べるときよくかむと、唾液が十分に出ます。

唾液は、味覚やそしゃくの刺激があると、自然に出る量の六倍もの速さで分泌されます。

かみ方も、かみぐせを直すように、できるだけ左右の奥歯で均等にかみます。

使っている歯はだめになりにくいのです。

よくかまないと、歯を支えるハンモックのまわりの血液の流れも少なくなり、骨も弱くなります。

よくかまないでも食べられるものばかり食べていると、プラークがたまるばかりでなく、歯を支える組織もおとろえるのです。

現代人の食べる十分に調理された料理は、口あたりがよく、苦労してかみ砕く必要はありません。

忙しいので食事の時間は短く、かむ回数も少ないため唾液の量は不足がちです。

また消化吸収されやすい食物は、口のなかの細菌にとっても利用しやすい栄養になります。

このようなわけで、プラークの量を自然にコントロールする能力は、現代人の場合、ひどくおとろえています。

繊維に富んだ食物をつねに食べていれば、よくかまなければ食べられませんので、唾液もよく出る、歯にくっついたプラークを食品の繊維があらかた自然に落としてくれていました。

食事には、ごはんや麺類、パンなど発酵性の炭水化物が大量に含まれているのですから、どうしてもプラークが蓄積します。

歯ブラシによるブラッシング、歯と歯のあいだはデンタルフロス(清掃用の糸)、すき間の気になる人は歯間ブラシを使って毎日、清掃します。

歯ぐきにかくれた部分の清掃や歯石の除去、歯石によって表面が凹凸になった歯の根の表面を滑らかにする処置などは、殺菌剤や抗生物質など薬を使う化学的なプラークコントロールであるとともに、専門家が行うプラークコントロールです。

このほか、プラークが停滞しやすい部位を除去することも専門家の手助けが必要です。

現代人がその寿命に見合った口の健康を維持するためには、この口のなかで異常に繁殖するプラークを抑制する必要があります。

調理の不十分な食事なら口の健康が自然にできていたことなのに、美食のために、歯ブラシなしでは維持できないのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします