歯周病を予防する

歯周病の臭いや口臭の原因とは

歯周病を予防する

歯周病の臭いや口臭の原因とは>歯周病を予防する

歯周ポケットクリーナ「デントール」

歯周病を予防する

「シソーノーロー」(歯周病)というと、20歳代の人は自分には関係のない年寄りの病気だと思うかもしれません。

歯がぐらぐらになって入れ歯になるのは、自分たちの親の年齢のできごとですから、そう思うのも無理はありませんが、その歯周病にかかりはじめるのは、早い人では10歳代なのです。

そして人それぞれ、その人のかかりやすさの因子によってちがうのですが、20歳代から40歳代にかけて、自分では気づかないうちに悪くなります。

かかりはじめが放置され、歯を支える組織が、長い年数のうちにしだいに失われるとともに、歯ぐきのかたちが変形し、歯の位置が動き、かみしめや歯ぎしりのくせなどが重なって、歯ぐきの痛みや歯がぐらぐら揺れるようになって、はじめて歯周病という病気に悩むことになるのです。

このように重症になった歯周病は、それはもうたんなる歯ぐきの病気ではなく、歯を支える組織や歯を失った結果の、さまざまなアンバランスが生み出す複合的なトラブルです。

治したり予防したりできるのは、むしろ20歳代から40歳代までの歯周病のかかりはじめで、自覚症状がはっきりしてからの治療は、歯周病の結果生じたトラブルの回復と後始末になってしまうのです。

虫歯のない大人の歯(永久歯)を完成し、20歳になる前から、自分のからだがどのていど歯周病にかかりやすい状態にあるのか、自分の口のなかでどこがかかりやすい場所なのか、自分の場合はどのようにすれば歯周病にかからずにすむのかを理解すれば、歯で悩むことはなくなります。

子どもの歯(乳歯)が生えはじめてから大人の歯(永久歯)が生えそろうまでの成長期は、虫歯にかかりやすい年齢で、この時期に、虫歯のない永久歯を育てることは、むずかしいことではありません。

今までの歯科の治療は、早期発見・早期治療という考え方ですすめられてきており、このためにいまの大人の多くは、すでに20歳の時点で、詰めたりかぶせたりする治療をたくさん受けてしまっています。

子どものころに削ったり詰めたりした歯がなければ、大人になってから虫歯に悩むという心配はないのです。

これからの歯周病対策は、成長期に虫歯をつくらないことからスタートです。

重症の歯周病も、かかりはじめに適切な対策をとれば、歯を失うほど悪くなることはありません。

ひどくなっていない歯周病であれば、かんたんに治すこともできます。

予防できる方法はプラークコントロールという方法です。

まずは、歯周病がどういう病気であり、自分はどのていど、危険性があるのか、どうすれば取り返しのつかない損をしないですむかを知る必要があります。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします