年をとると歯は抜ける?

歯周病の臭いや口臭の原因とは

年をとると歯は抜ける?

歯周病の臭いや口臭の原因とは>年をとると歯は抜ける?

歯周ポケットクリーナ「デントール」

年をとると歯は抜ける?

つい最近まで、「年をとると歯は抜けるもの」と考えられていました。

食生活が豊かになるにつれて、人間の寿命は長くなったのですが、食卓が豊かになり調理が工夫されるにつれて、歯の寿命のほうは短くこそなれ、長くなることはなかったのです。こうして、年をとると歯は抜けるものという事実ができあがりました。

現在では、どのようにしたら歯の命をのばすことができるか、ということは十分にわかっているのです。

人間の場合、いったん生えた子どもの歯(乳歯)は、ぜんぶ抜けて、生えかわります。

子どもは大人になる前に歯が抜け、それと同じで、大人も老人になると歯が抜けるという誤解がここから自然に生まれるようです。

生後六カ月ごろから生えはじめた子どもの歯は、二歳半で生えそろい、小学校に入るころから大人の歯が、生えはじめます。

そして、小学生のあいだにつぎつぎに乳歯が抜けて、そのあとに大人の歯が生えてきます。

歯の生えかわりは、遺伝子によって決まっています。

女の子の場合、前から数えて七番目の奥歯が生えるのとほとんど同時に、はじめての月経(初潮)を経験し、子どもを産める大人のからだにかわります。

この子どもの歯が抜けるときには、痛みもありませんし、血もほとんど出ません。

子どもの歯は、ある時期がくると、根が自然に先の方から消えてゆき、すっかりなくなってしまうのです。

子どもの歯が抜け落ちるときには、根のなくなった歯の殻が歯ぐきとくっついているだけの状態になり、自然に抜け落ちます。

これとはちがって、大人の歯は、本来抜けるようにはできておらず、九〇歳で抜けても、抜けた歯には立派な根がついています。

大人の歯が抜けるときには、90歳でも100歳でも病気に特有の、腫れたり痛んだり、血が出たり、熱が出たり、という症状を一度は経験します。

大人の歯が抜けるのは、病気なのです。

かかると治らない病気、何年も何十年も長くつづく病気は、かからないように注意をする必要があります。

慢性疾患と呼ばれるこの種の病気は、治すことはむずかしいけれども、かからないように予防することは、案外かんたんなことが多いのです。

歯周病という病気は、ひどくなってから治すことはむずかしいけれども、かからないようにすることはかんたんな病気です。

そして、若いころから注意をしていれば、年をとっても入れ歯になることはないし、歯で悩むことはありません。

ちょっと手遅れで、歯の病気で悩みはじめた人でも、治療の仕方を治すことから悪くならないようにすることへ方向転換すればよいのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします