大人の歯が抜けるのは病気

歯周病の臭いや口臭の原因とは

大人の歯が抜けるのは病気

歯周病の臭いや口臭の原因とは>大人の歯が抜けるのは病気

歯周ポケットクリーナ「デントール」

大人の歯が抜けるのは病気

大人の歯が抜けるのは病気なのですから、ちょっと注意すれば、この病気は防ぐことができます。

病気というのはどんなものでも、つねに不平等なもので、ガンだって心臓病だって、食べるものに注意していてもかかる人がいるかと思えば、お酒もタバコもという生活をつづけても病気知らずの人もいます。

虫歯や歯周病も同じで、食生活に注意していてもかかりやすい人がいます。

甘いものを食べてロクに歯みがきもしないのに虫歯にならない人もいます。

同じ年齢の人よりも早く、つぎつぎに歯を失って、50歳代の若さで総入れ歯になってしまう人もいます。

こうなると、当然、心もからだも人よりも早く老けてしまいます。

老化というのもじつに不平等なものです。

最近の研究では、重症の歯周病にかかる危険のある人を、遺伝子を調べることで見つけることができる、とされています。

そのような便利な方法は、まだ実用化されていませんが、子どもとその両親をいっしょに診察していると、将来のかかりやすさを予測することができます。

50歳代で総入れ歯という人も、50歳になって突然歯の病気になって、歯を失ってしまうわけではありません。

歯周病の場合は、早い人で中・高校生ぐらいのころ、遅い人では、20〜40歳になって、かかりはじめの兆候があらわれます。

ほとんどの人は、現在、このかかりはじめの歯周病に注意を払っておらず、30歳代、40歳代とその場しのぎの治療を受けて、気づいたときには、もうかなり手遅れになっているのです。

歯周病対策に入る前に、虫歯という病気について知っておく必要があります。

虫歯の場合も歯周病と同じで、治らないほどひどくなってから目をつけているのです。

このために虫歯の治療というと、削ったり詰めたりすることをイメージしてしまいますが、虫歯という病気は、ぽっかりと穴が開いてしまうまでに長い道のりがあるのです。

風邪をひいてもほとんどの人は、数日で治ってしまいますが、こじらせて肺炎になってしまうことがたまにあります。

虫歯の場合は、多くの人がこじらせてしまっているのです。

プラーク(歯についた細菌のかたまり)と歯の表面は、リンやカルシウムなどのイオンが出たり入ったりしています。

飲食をするたびに、プラークは酸性にかたむき、歯の表面からミネラルを奪います。

夜になると唾液が、プラークを中和し、ミネラルを歯のなかにもどしてくれます。

これをくり返して歯の表面は虫歯に侵されにくい、しっかりとした結晶に成熟していくのです。

このバランスは、プラークをつくる細菌の種類や唾液の量や性質、そして細菌を育てる飲食物によって変わります。

たとえば頻繁に食べ物を口にする場合には、歯の表面のミネラルが奪われつづけるのです。

虫歯の治療というのは、バランスを取りもどす作業で、細菌の蓄積を減らせば、その種類も変わります。

唾液の少ない人は、その対策が治療です。

のどが渇いてジュースを飲む回数が多い人は、ジュースをお茶にかえることが、もっとも効果的な治療法ということになります。

とくに乳歯や生えたばかりの永久歯は、表面が未熟で、簡単にミネラルが奪われてしまいます。

しかも成長期は、大人よりも飲食の回数が多く、甘いものが欲しい時期なのです。

この時期には、人それぞれのバランスを調べ、それに応じて対策をとります。

飲食の回数や糖分のとり方をコントロールしたり、歯の性質を強くするためにフッ化物を使ったり、唾液が十分に出るようにかんで食べる練習をしたりという対策によって、バランスを回復するのです。

甘いものをやめられない子どもの場合は、虫歯にならない甘味料を処方することも有効です。

これが虫歯の治療です。

虫歯に穴が開いてしまった場合にも、削って詰める治療は、最小限にとどめます。

従来は、歯に接着する材料がなかったために、いったん削る以上は、悪くなりそうなところをあらかじめ余分に削って詰めてしまうことが推奨されていました。

しかし今日では、歯に接着する材料が使えるため、歯を削る目的がこれまでとは変わってきているのです。

このような虫歯の治療とコントロールによって、虫歯のない永久歯列を育てることができたら、20歳代からの歯周病対策は、とても楽になります。

20歳代のときから、自分が歯周病にかかりやすい体質をもっているのか、虫歯にかかりやすいのかどうか、大きなトラブルをかかえる前に自分のからだのことをもっとよく知っておいたほうがよいのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします