口の中の細菌とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは

口の中の細菌とは

歯周病の臭いや口臭の原因とは>口の中の細菌とは

歯周ポケットクリーナ「デントール」

口の中の細菌とは

口のなかにはたくさんの細菌が生息しており、歯の表面にできる、いわゆる歯くそ(歯垢=プラーク)は、細菌のかたまりで、食べ物のカスではありません。

つまようじの先で歯の根元をひっかくと白いプラークが取れてきます。

この1ミリグラムの白いプラークには、ほぼ100億個の細菌が含まれているといわれています。

糞便を食べカスだと思っている人は少なくありませんが、糞便もプラークもほとんど細菌のかたまりです。

顕微鏡で見ると、ぎっしり細菌だらけなのです。

口のなかの場合、その100億個のほとんどが、酸素のないところで増える酸素の嫌いな細菌です。

このたくさんの細菌が、みんな歯周病の原因になるわけではありません。

むしろあるバランスで細菌のグループが維持されていれば、歯周病は起こらないのです。

虫歯を起こすプラークの場合も同じように、歯の表面に白いプラークがべっとりついていても、そのプラークがサングイスレンサ球菌のつくるプラークであれば虫歯にはなりません。

サングイス菌が繁殖していると、歯の表面を溶かす酸を出しながら増加するミュータンスレンサ球菌が口のなかにすみつけないので、虫歯になりにくいのです。

ジュースが好きで歯みがきもせずに口がきたなくて、それでも虫歯にならない人がいます。

このようにわたしたちのからだは、からだに寄生する細菌たちともちつもたれつのエコシステム(生態系)を形成しているのです。

カテゴリ
歯周病を予防する
年をとると歯は抜ける?
大人の歯が抜けるのは病気
歯が抜けるのは歯周病
自覚症状ない歯周病
口の中の細菌とは
歯肉炎が起こるしくみとは
歯肉炎はブラッシングで治る
歯周病の原因菌はどう感染するか
体の中の歯の構造とは
歯肉炎と歯周炎とは
歯周炎が起こるしくみとは
歯のプラークとは
歯周病の発症とは
歯周ポケットのなかのプラーク
歯の免疫機能とは
歯周病が完全に治るとは
歯周病にかかりやすい人とは
プラークコントロールとは
プラークコントロールの方法とは
歯のブラッシング方法とは
治療のためのブラッシングとは
歯石がたまると歯肉炎に
歯の根の細菌の毒素とは
ブラッシングで歯肉が変化する
口の中の細菌の検査とは
女性は歯周病にかかりやすい
女性特有の歯周病の原因とは
妊娠性歯肉炎とは
タバコは歯周病を悪くする
タバコの歯への影響とは
歯周病と糖尿病や歯ぎしりなど
歯周病と唾液の質と量
虫歯になりやすい人
虫歯を防ぐ方法とは
大人の虫歯は唾液に問題がある
リンク集
Copyright (C)歯周病の臭いや口臭の原因とはAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします