肌質を知る方法とは

美顔器を購入した人の使用した感想と効果

肌質を知る方法とは

美顔器を購入した人の使用した感想と効果>肌質を知る方法とは

肌質を知る方法とは

乾燥肌、オイリー肌など、肌質を判断することは大切ですが、自己判断して、自分の肌質を誤解している人も多いようです。

まずは、「水分(セラミド)」と「油分(皮脂)」を分けて考える必要があります。

肌質は、「水分が多い・少ない」「油分が多い・少ない」のそれぞれで判断し、下の4つのタイプのいずれかに分類されます。

よく「混合肌」ということばも使われますが、混合肌という肌質はありません。

TゾーンがオイリーでUゾーンがノーマルなど、部分的に肌質が違うことを混合肌といっているのですが、TゾーンとUゾーンの肌質が同じ人はあまりいないので、そういう意味でいえばほとんどの人が混合肌です。

肌質はTゾーンではなくUゾーンで判断し、スキンケアも、デリケートでトラブルが多いUゾーンに合わせます。

また、よくいう「敏感肌」とは、本来生まれつきのもので、セラミドが少ない肌やアレルギー体質の人を指します。

でも、強すぎるクレンジングや睡眠不足によるターンオーバーの低下などで、肌が敏感になっている人もいます。

生活習慣などによって自ら敏感肌をまねいていないか、見直してみるようにします。

目のまわりの皮膚が赤くなり、カサカサしたり、かゆみが出たりして、「敏感肌」のような症状がありますが、もしかするとアトピー性皮膚炎の可能性もあります。

アトピー性皮膚炎は子どもの病気だと思っている人も多いのですが、大人になってから「成人型アトピー性皮膚炎」になる人も少なくありません。

大人の場合はとくに顔に症状が出やすいのが特徴で、気になるときは早めに皮膚科を受診するようにします。

<自分の肌質を知る方法>

@洗顔する

いつもの方法で洗顔をします。

A20分おく

化粧水など何もつけずに、20分おきます。


→皮脂が浮いて、べたついてくるならオイリー肌

油分(皮脂)が多めの肌で、テカりやベタつきが起こりやすく、ニキビができやすい肌です。

オイリー肌のスキンケアは 皮脂量はホルモンの影響を受けるため、スキンケアで簡単に減らすことはできません。

皮脂を減らすことよりも、水分を増やすことを考えます。

美容液などでセラミドをはじめとする保湿成分を補うようにすれば水分と油分のバランスがとれて、皮脂だけが浮<ことは防げます。


→はじめ少しつっぱって、その後自然にうるおってくるならノーマル肌

水分(セラミド)が多く、油分(皮脂)は少なめで、セラミドが多く肌本来の保湿力があるため、洗いっばなしでもひどくつっぱることはありません。

もっともトラブルを起こしにくく、キメも細かい肌です。

ノーマル肌のスキンケアは 強いクレンジンク料を避けるなど、必要以上に肌への刺激を与えないよう気をつけながら、化粧水+美容液で基本のケアを続けます。


→べたつくけれど、つっぱるならオイリードライ肌

油分(皮脂)は多いけれど、水分(セラミド)は少ない状態で、敏感肌になりやすく、またニキビもできやすい、もっとも肌トラブルを起こしやすい肌です。

オイリードライ肌のスキンケアは オイリー肌以上に保湿力を高め、水分を維持できるようにする必要があります。

美容液などで積極的にセラミドをはじめとする保湿成分を補います。


→肌がひどくつっぱるようなら乾燥肌

水分(セラミド)、油分(皮脂)の両方が不足しており、肌の水分を維持するセラミドが不足しているため、肌から水分が蒸発してすぐにつっぱってしまうのです。

角質層のバリア機能が低下し、敏感になりやすい肌です。

乾燥肌のスキンケアは 保湿力がとくに高いセラミド配合の美容液を使うなど、肌が水分を維持する力を高めるケアを続けます。

エステナードソニックROSE

ツインエレナイザーPROU

belulu(美ルル)
カテゴリ
エステナードソニックの効果とは
肌のしくみとは
20代のお肌の状態とは
30代と40代の肌の状態とは
エストロゲンとは
クレンジングは肌に負担をかける?
クレンジングの選び方とは
クレンジングの仕方とは
ポイントメイクの落とし方
洗顔料のうるおい成分や弱酸性とは
皮脂汚れがしっかり落ちる固形石けん
肌をこすらない洗顔とは
洗顔には順番がある
朝もしっかり洗顔する理由
スキンケアは保湿力を高めること
化粧水は配合成分で選ぶ
美容液は保湿成分で選ぶ
化粧品の保湿成分とは
化粧水や美容液のつけ方は
クリームは皮脂の少ない部分だけに
スキンケアで一番大切なこととは
紫外線のダメージは肌老化になる
日焼け止めのSPFとPAの違いとは
日焼け止めの適切な使用量とは
紫外線が強い場所へ行くときの注意点
生理前や妊娠中は紫外線ダメージが
紫外線は暑いかまぷしいか
ファンデーションの選び方とは
自然派化粧品はお肌にやさしいのか
化粧水がしみるときとは
肌が乾燥するときのパックは
セラミドで肌の乾燥を抑える
肌質を知る方法とは
肌の保湿力と乾燥肌になる理由
美白化粧品が効かないシミもある
シミの種類とケアの方法とは
美白化粧品の選び方とは
美白パックより毎日使える美容液
ビタミンCでシミの原因を取り除く
抗酸化力をつける方法とは
肌を再生させるピーリングとは
イオン導入とは
シワの原因とは乾燥ではない
シワの種類とケアの方法
シワやたるみを予防するには
表情の緊張でシワやたるみの予防
目にクマができる原因とは
目のクマの種類と予防
肌のコラーゲンを増やす方法とは
お肌の皮膚科での治療とは
大人二キビができる原因とは
ニキビができたときの洗顔とスキンケア
ニキビのメイクと生理前のケア
ニキビの飲み薬や塗り薬とは
二キビ痕を消す方法とは
大人ニキビができるしくみ
毛穴が黒く見える原因とは
毛穴の詰まりやたるみを改善
肌をいたわる除毛の方法
永久脱毛とは
毛穴のケアは皮脂を落とす
鼻のまわりが赤くカサカサする
頭皮のフケやかゆみと汗かきが気になる
体臭やわき汗やわきがが気になる
乳輪や陰部のかゆみがある
足のにおいや水虫がある
かかとの角質がある
肌老化を抗酸化作用で防ぐ
野菜ジュースはビタミンが少ない
たんぱく質は肌に欠かせない
水を飲むと代謝がよくなる?
肌に負担をかけないお酒の飲み方
代謝を上げる食生活とは
肌は睡眠中に生まれ変わる
質のよい睡眠はリラックスから
眠り初めの3時間に成長ホルモン
ストレスの症状は弱い部分に出る
少しの運動が肌荒れを改善
簡単なストレッチで肌荒れを改善
きびきび動くことで運動不足解消
運動で肌の代謝が上がる
ボディソープの使いすぎが乾燥肌に
半身浴自体に美容効果はない
好調期と不調期のある女性の肌
リンク集
Copyright (C)美顔器を購入した人の使用した感想と効果All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします