公正証書で代金供託前の差押




貸金請求実況中継


公正証書で代金供託前の差押

スポンサードリンク
貸金請求実況中継>公正証書で代金供託前の差押

最初にこちらのページにこられた方はトップページからどうぞ。

公正証書で代金供託前の差押

山田建設は仲間の斉藤実業から頼まれて、前の請負人である田中商会が中途で現場放棄した建築工事を斉藤実業の下請けとしてやり遂げました。

しかし、斉藤実業はお金がないと言い、山田建設は斉藤実業に工事代金債務を確認させ、1ヵ月後に支払うという執行認諾約款付公正証書を作成させました。

一方、田中商会の方は、工事代金の未払い分があるとして、山田建設が下請けとして完成させた斉藤実業の工事代金債権に仮差押をかけてきたのです。

これを知った山田建設も、同じく斉藤実業の工事代金債権を公正証書で差押し、二重の差押が執行されました。

山田建設の差押は、公正証書を作っていたため、仮差押の保証金の供託もなく、低費用で差押できたのです。

第三債務者である建築主は、二重の差押に対して、民事執行法156条に基づき、建築工事代金を供託して、事情届を裁判所に提出しました。



(第三債務者の供託)
民事執行法第156条 第三債務者は、差押えに係る金銭債権(差押命令により差し押さえられた金銭債権に限る。次項において同じ。)の全額に相当する金銭を債務の履行地の供託所に供託することができる。
2 第三債務者は、次条第1項に規定する訴えの訴状の送達を受ける時までに、差押えに係る金銭債権のうち差し押さえられていない部分を超えて発せられた差押命令、差押処分又は仮差押命令の送達を受けたときはその債権の全額に相当する金銭を、配当要求があつた旨を記載した文書の送達を受けたときは差し押さえられた部分に相当する金銭を債務の履行地の供託所に供託しなければならない。
3 第三債務者は、前2項の規定による供託をしたときは、その事情を執行裁判所に届け出なければならない。


山田建設は、公正証書の金額に応じて配当を受けることができました。

しかし、山田建設が建築主が供託してしまった後に強制執行した場合には、民事執行法により、配当は受けられなかったのです。

(配当等を受けるべき価権者の範囲)
民事執行法第165条 配当等を受けるべき債権者は、次に掲げる時までに差押え、仮差押えの執行又は配当要求をした債権者とする。
1.第三債務者が第156条第1項又は第2項の規定による供託をした時
2.取立訴訟の訴状が第三債務者に送達された時
3.売却命令により執行官が売得金の交付を受けた時
4.動産引渡請求権の差押えの場合にあつては、執行官がその動産の引渡しを受けた時


建築主である第三債務者は、すぐに債務額を供託する傾向にあり、供託されてしまった後は、他の債権者は、これに配当要求できませんので、手早く仮差押又は差押をなした債権者は、単独で、全額の配当が受けられるのです。

ここらへんが、公正証書で債務名義をとっておく最大の利点なのです。

貸金請求などの無料法律相談はこちら


Amazonで貸金請求を調べてみる
カテゴリ
貸金請求の法則
一度も貸金請求をしていない
貸金請求の一歩目
貸金請求マニュアル
名義貸しをしている会社へ損害賠償
子会社の倒産を親会社に損害賠償
株の低落を会社と取締役へ損害賠償
社長個人名義の手形の会社責任
従業員の車の事故で会社の責任
購入した機械の説明不足の損害賠償
担保をつけた場合の配当
優先弁済の抵当権と根抵当権
物を留置する質権
譲渡担保の清算方法
買戻と再売買の予約の規定
代物弁済予約と売買予約と所有権留保
留置権と先取特権
不動産、動産、債権等を担保に取る
担保に必要な対抗要件
保証人と連帯保証人の責任
根保証人の判例での制限
追加担保と追加保証の交渉
取引する法人格について
代理人と契約する場合
期限の利益喪失約款の必要性
所有権留保特約の売買契約書書式
継続的取引契約書書式
連帯保証書書式
根保証契約書書式
抵当権設定契約書書式
根抵当権設定書書式
譲渡担保契約書書式
代理受領の委任状書式
金銭消費貸借契約書書式
連帯債務の金銭消費貸借契約書書式
金銭貸借の根保証契約書書式
公正証書作成条項の金銭消費貸借書式
損害賠償予定契約書書式
動産質権設定金銭貸借契約書書式
集合物の譲渡担保契約書書式
動産売渡担保契約書書式
権利質設定金銭貸借契約書書式
抵当権設定金銭貸借契約書書式
売掛金の支払の遅延などの保全
根抵当権として担保できる債権
根抵当権の譲渡
継続的取引の社長個人の根保証
根保証人の死亡による相続
継続的取引の保証金
倉庫の在庫商品全てを担保に取る
将来の売掛金を担保に取る
今までの売掛金の支払方法の変更
根抵当権の増担保
不渡手形と買掛金の相殺
不渡り会社の売掛金の譲渡
手形の書換に応じる場合
支払期日の延期と消滅時効
抵当権と根抵当権の対抗要件
動産質と不動産質の対抗要件
債権質の対抗要件
株式の質券設定の対抗要件
いろいろな担保の対抗要件
抵当権の土地上の建物
抵当権の土地に第三者の建物
抵当権上の造成や増改築
譲渡担保の目的物を勝手に売却
質権設定した債権の譲渡
保証人の資力悪化等の規定
不動産の抵当権の変更申出
抵当権を設定した建物が喪失
抵当権の建物の担保価値の低下
他の債権者から抵当権の実行
根保証契約の更新
保証契約の相続性
保証契約を解除できる場合
債権回収の初期段階
訴訟で債権回収を考える
詐害行為取消しと債権者代位権
債権の証拠書類
債権の証拠となる帳簿
走り書きのメモの借用書
電話注文の債権の証拠
納品書や物品受領書で債権の証明
立ち会った証人に債権の証言
期限を定めていない契約書の期限
契約書の紛失やコピーの効力
会社の債務と代表取締役
会社の社名変更と債権回収
公正証書で強制執行する
公正証書の執行認諾約款がない
公正証書で強制執行できない場合
賃料を抵当権で物上代理する
根抵当権の元本の確定時期
代物弁済予約の仮登記担保
代物弁済予約の仮登記担保の実行
仮登記担保と競売の優劣
譲渡担保で所有権だけを移転
集合動産の譲渡担保の判例
譲渡担保の実行
保証人の保証意思の確認
連帯保証人の責任
債務引受けの法律関係
私的整理で債権回収
民事再生の債権回収
破産手続と債権回収
株式会社の特別清算と会社整理
会社更生法と債権回収
取引や不動産で資金繰りが危険
手形などから債務者の危険信号
危険な債務者と交換条件で保全
社長個人の資産から債務支払
公正証書で代金供託前の差押
倒産会社の債務者から相殺
倒産会社の商品の引揚げ
会社更生申立を知る前の相殺
動産売買の先取特権の物上代位
債務者と所有財産の調査
債務者の財産は裁判の前に仮差押
債務者に弁済の優遇
債務者を刑事告訴する
債務者が行方不明
債務者が死亡した場合
債務者以外へ貸金請求
債権の取立てと刑事責任
債務を相殺するときの条件
売掛金を債権譲渡で回収
売り渡した動産から債権回収
留置権を行使して債権回収
詐害行為取消権の対象となる行為
詐害行為取消権の抜け穴
債務者に分割払いを許す条件
債務の減額に応じるべきか
免除した債務の支払い請求
倒産後の新会社へ売掛金請求
子会社の債務を親会社に請求
下請会社の債務を元請会社へ請求
債務者が支払わない理由
内容証明郵便で債務支払請求
支払督促で債権回収
手形・小切手訴訟で債権回収
公正証書の強制執行で債権回収
民事調停で話し合いの債権回収
即決和解で引渡しの強制執行
示談交渉で債権回収
保全処分仮差押で和解
仮差押と仮処分を行う場合
仮差押と仮処分の保証金
仮差押や仮処分の要件
占有移転禁止の仮処分
断行の仮処分
不動産を仮差押する際の調査
債権者が訴えられる場合
仮差押や仮処分が必要な場合
債権回収の訴訟の証拠
債権回収の管轄裁判所
債権回収の訴訟の費用
債権回収の訴訟の訴状提出後の手続
債権回収の訴訟の準備書面
債権回収の訴訟の証人
裁判所へ文書の取立ての申立
債権回収の訴訟の和解
手形小切手訴訟の手続
強制執行と担保権に基づく執行
担保権に基づく執行の特徴
強制執行の手続きの流れ
担保権に基づく執行手続きの流れ

担保と保証の知識
担保と保証の法律
契約書の知識
印鑑領収書手形小切手の知識
夫婦親子男女の債権回収

リンク集
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします。
Copyright (C)貸金請求実況中継All Rights Reserved