歯の磨き残しを調べる赤い薬とは

歯槽膿漏の臭いでキスができない

歯の磨き残しを調べる赤い薬とは

歯槽膿漏の臭いでキスができない>歯の磨き残しを調べる赤い薬とは

歯の磨き残しを調べる赤い薬とは

歯の磨き残しを調べる赤い薬とは、歯垢染色剤という物です。

錠剤タイプ、液状タイプ、ジェルタイプなどあります。

歯の磨き残しは、プラーク(歯垢)といって虫歯や歯肉炎の原因となります。

プラークは歯にくっつきやすく、また歯と同じような色をしているので磨き残してしまいやすいのです。

特に、奥歯の溝、歯の付け根、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間などに磨き残しが多いのです。

この歯垢染色剤で、プラークの染め出しをすると、付着しているプラークがはっきりとわかります。

染め出された場所は、みがき残している場所であり、いつも同じ場所が赤く染まるようであれば、そこが普段磨き残している場所ということです。

<液体タイプ>

水に濡らした綿や綿棒に歯垢染色液を付け、歯に塗ります。

約30秒間ブクブクを繰り返します。

<錠剤タイプ>

咬み砕き、唾液と混ぜながら舌を使って歯全体にゆきわたるようにします。

約30秒間ブクブクを繰り返します。

歯面全体に広げるのが少し難しいので、注意が必要です。

<ジェルタイプ>

口の中に直接垂らし、舌を使って塗り拡げます。

乾いた綿や綿棒にジェルを付け、歯面に塗ります。

約30秒間ブクブクを繰り返します。

特許取得の4000本もの超極細毛が密集したローラー型歯ブラシで歯垢をとりきる
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
職人富山の渾身の一作「ころころ歯ぶらし」
カテゴリ
歯槽膿漏の人とキスをするとうつるのか
歯磨きをしているのに口臭が治らない
歯の磨き残しを調べる赤い薬とは
リンク集
Copyright (C)歯槽膿漏の臭いでキスができないAll Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします