単利の計算方法

債権回収の魂

単利の計算方法

スポンサードリンク
債権回収の魂金利・利回りの基礎知識>単利の計算方法
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

単利の計算方法

単利の計算は、元本、金利、預入期間の3つで計算します。

単利計算を採用してるものに、定期預金などがあります。

毎年受け取る金利だけを考えてみると、次のようになります。

単利で毎年受け取る金利

=元本額×利率(=年利%)
           100

次にこれを複数年運用したら、金利は総額でいくらかといいますと、次のようになります。

単利で運用し、受け取る金利の総額

=元本額×利率×運用年数
        100

これで、金利の合計が出ます。

これに元本額を足しますと、単利の運用による元利合計が出ます。

単利で運用した元利合計

=元本額×(1+利率×運用年数)
           100

例えば、100万円を金利10%の定期預金に預けたとします。

預け入れる期間を3年とします。

すると、毎年10万円の利息がつくことになります。

10万円の利息が3年つきますから、合計で利息は30万円となります。

この利息30万円に、元金の100万円が加わりますので、3年後の元利合計金額は、次の通り130万円ということになります。



毎年受け取る金利

=100万円×10=10万円
         100

3年運用後に受け取る金利

=100万円×10×3=30万円
         100

単利で3年後に受け取る元利合計

=100万円×(1+10×3)=130万円
            100

金融商品の金利は、年利で表示される事が多いので、投資期間が3年の場合は「×3」となります。

投資期間が3年と60日の場合には、端数の60日を計算する必要があります。

1年を365日と換算します。

運用年数=3+60
          365

単利で3年と60日後に受け取る元利合計

=100万円×{1+10×(3+60)}≒131万円6438円
            100    365

定期預金など、実際の利息受取の際には、税金が差し引かれます。

定期預金やこれに類似するものの利息は、税務上の利子所得に該当しますので、利息はあらかじめ20%分が差し引かれます。

計算上は、[{単利の金利計算}×(1−税率)]と計算します。

単利で運用した、税引後の元利合計

=元本額×{1+利率×運用年数×(1−税率)}
           100

元本100万円、金利10%、預入3年から、20%の税金が差し引かれた後に残る元利合計は次のようになります。

100万円×{1+10×3×(1−0.2)}=124万円
           100

また、単利の運用商品でも期間ごとに金利が違う場合があります。

利息受取型の定期預金なども、そういう商品の一つです。

これらは、それぞれ金利の期間ごとに利息を計算して、足し算をする事で利息の総額を計算する事ができます。

債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
単利計算とは
複利計算とは
単利の計算方法
複利の計算方法
ローンの返済方式
元金均等償還方式
元利均等償還方式
アドオン返済方式
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします