第2号不渡り事由とは

債権回収の魂

第2号不渡り事由とは

スポンサードリンク
債権回収の魂手形・小切手の基礎知識>第2号不渡り事由とは
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

第2号不渡り事由とは

第2号不渡り事由とは、第0号、第1号事由に該当しないものが全て含まれますが、この場合にも不渡り届が提出されます。

@契約不履行

手形振出の原因関係となった契約の不履行を理由に、支払を拒否するもの。

例えば、売買契約に基づいて手形を振り出したのに、契約どおりに商品が納入されなかった場合など

A詐欺

騙されて振り出したもの

B紛失

紛失したもの

C盗難

盗まれたもの

D偽造

偽造されたもの

E変造

変造されたもの

F取締役会承認等不在

自己取引などで取締役会の承認が必要なのに、その承認を受けていないもの

G印鑑相違

銀行届出印で押印されていないもの

H金額記載方法相違

チェックライターあるいは壱、弐、参、拾のような漢数字を使わずに金額を記入したもの

I約定用紙相違

銀行が交付した所定の統一手形用紙を使っていないもの

@からFまでは手形自体は有効であり、手形債務者である振出人、裏書人、保証人は所持人に対して人的抗弁を主張できる場合です。

ただし、善意取得の第三者には対抗できません。

またGからIは、当座取引契約に違反するために、銀行が支払の権限と義務を有していない場合です。



なお、この第2号不渡り事由で不渡り届が出された場合だけは、振出人は異議申立て預託金を積んで異議申立てを行うことができ、それが決着するまで不渡り処分を猶予されます

交換呈示
決済
YES
支払資金があるか?
↓NO
逆交換
支払銀行から手形交換所へ不渡り届を提出
持出銀行から手形交換所へ不渡り届を提出
振出人から預託金を預かった支払銀行が、異議申立てと提供金を手形交換所に提出
YES
異議申立てするか?
↓NO
手形交換所から不渡り報告が前銀行へ出される
NO
過去6ヶ月以内に不渡り処分を受けたか?
↓YES
銀行取引停止処分
事実上倒産

債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
手形・小切手を振り出す
手形法、小切手法
手形の種類
手形の呼び名
手形の流通・決済
小切手の流通・決済
マル専手形とは
手形交換所の機能
約束手形の記載事項
約束手形用法とは
手形金額記載の注意事項
手形の有効・無効な記載事項
手形の支払地と支払場所
支払期日の決め方
白地手形とは
振出日の記入について
振出地と振出人の記載
手形記載事項の訂正・抹消
代表者以外の振り出す手形
共同振出と手形保証とは
手形保証人の責任
代表取締役を兼務する手形
手形の収入印紙
手形の裏書とは
裏書譲渡の連続
手形につけられる条件
白地式裏書とは
銀行へ手形の取立依頼
手形割引とは
手形貸付とは
手形振出を受ける場合
裏書手形を受け取る場合
白地手形を受け取る場合
手形の裏書の連続確認
手形の裏書の抹消
手形の物的抗弁・人的抗弁
呈示期間を過ぎた手形
不渡り手形とは
第0号不渡り事由とは
第1号不渡り事由とは
第2号不渡り事由とは
当座貸越契約とは
第2号不渡りの異議申立て
異議申立預託金の返還
手形が不渡りになった場合
手形の振出人が倒産
不渡り手形の遡求権
手形の依頼返却とジャンプとは
手形書換後の旧手形
代表取締役個人の不渡り責任
不渡手形と相殺
手形訴訟の手続
手形の書換に応じる場合
手形を盗難・紛失した場合
偽造手形の支払い
手形変造の責任
融通手形とは
融通手形を見分ける
手形詐欺の手口とは
公示催告の手続とは
手形・小切手の時効期間
手形・小切手の時効起算日と満了日
手形・小切手の時効中断
利得償還請求権とは
為替手形とは
為替手形の要件
為替手形の引受
為替手形の引受人の責任
荷為替手形とは
小切手とは
小切手の記載事項
小切手の取立
先日付小切手とは
線引小切手とは
小切手の不渡り
自己宛小切手とは
小切手の入金証明とは
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします