特別法の時効・権利行使期間一覧

債権回収の魂

特別法の時効・権利行使期間一覧

スポンサードリンク
債権回収の魂時効の基礎知識>特別法の時効・権利行使期間一覧
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

特別法の時効・権利行使期間一覧

DV被害の保護命令 6ヶ月 地方裁判所は夫婦間暴力(DV)の被害者を保護するために、加害者に被害者へのつきまとい等を6ヶ月間禁止する接近禁止命令を出すことができます。
特許権の存続期間 15年 特許権の存続期間は、特許出願の日から20年で終了します。ただし、その特許発明の実施について安全性を確保するために相当の期間を費やして許可を得たりする必要があるときは、最長5年間、延長できる場合があります。特許権の相続人がいないときは権利は消滅します。
実用新案権の存続期間 10年 実用新案権の存続期間は、実用新案登録出願日から10年で終了します。その延長は認められません。実用新案権者は他人に通常実施権を利用させる事ができます。
意匠権の存続期間 20年 意匠権の存続期間は設定登録の日から20年で終了します。その延長は認められません。意匠権者は15年間、毎年1件ごとに登録料を払うことが必要です。
商標権の存続期間 10年 商標権の存続期間は不使用登録商標を整理する必要上、設定登録日から一応10年と定められています。他の工業所有権と異なり、商標権は更新登録の申請によって更新が許されます。
著作権の保護期間 50年 著作権は創作と同時に発生します。その存続期間は、原則として、創作時から著作者の死後50年までとされています。映画や写真の著作権も公表後50年です。
総選挙 30日 衆議院の任期満了による総選挙は、その任期満了の日の前30日以内に、解散による場合は、解散の日から40日以内に行います。総選挙の期日は少なくとも12日前に公示します。
通常選挙 30日 参議院議員の任期満了による通常選挙は、議員の任期満了の日の前30日以内に行うのが原則です。通常選挙の期日は少なくとも17日前に公示します。地方公共団体の議員の場合も同じです。
審査請求期間 60日 行政庁の処分について不服を申し立てる審査請求は、処分を知った日の翌日から60日以内、処分時の翌日から1年以内になさなければなりません。ただし、止むを得ない場合は例外もあります。
歳入の督促、滞納処分等 30日 公共団体の歳入における督促、滞納処分についての審査請求又は異議申立ての期間は、当該処分を受けた翌日から起算して30日以内とされています。
異議申立期間 60日 行政庁の処分について不服を申し立てる異議申立ては、処分を知った日の翌日から60日以内にしなければなりません。審査請求は処分庁以外の上級行政庁に、異議申立ては処分庁に申立をします。
再審査請求期間 30日 行政庁の処分に対する審査請求の裁決を経た後の再審査請求は、裁決を知った日の翌日から起算して30日以内にします。一般概括主義によらず、原則は法律又は条令に定めのある場合に限り提起できます。
公法上の金銭債権の時効 5年 金銭の給付を目的とする国の権利又は国に対する権利は、他の法律に別段の規定なき時に限り5年間権利を主張しないと時効消滅します。この場合、時効の援用は要せず、また利益の放棄もできません。
国税徴収権の消滅時効 5年 国税徴収を目的とする国の権利は、法定納期限から5年間行使しないと、時効消滅します。国税徴収権の時効は援用を要せず、かつ、その利益放棄をすることができません。
還付金等の消滅時効 5年 還付金や過誤納金の国に対する請求権は、その請求ができる日から5年間、行使しない場合は時効消滅します。還付金等の時効も援用を要せず、利益放棄をできません。
地方税の消滅時効 5年 地方税の徴収権は、法定納期限の翌日から起算して5年間行使しないと時効により消滅します。地方税の過誤納や還付金の請求も請求できる日から5年で時効により消滅します。
事業認定に関する処分 3ヶ月 国土交通大臣又は都道府県知事は、起業者からの事業認定申請書を受理した日から3ヶ月以内に、事業認定に関する処分をするよう努めなければなりません。起業者が事業の必要上土地を収用する場合は事業の認定を受けることが必要です。
損失補償の訴訟 3ヶ月 土地収用委員会の裁決のうち損失補償に関する訴えは、裁決書正本の送達を受けた日から3ヶ月以内に提起します。訴えの提起があっても、事業の進行及び土地の収用又は使用は停止しません。
登記簿等の保存期間 30年 不動産の権利に関する登記申請書は受付日より30年間これを保存します。ただし、登記簿並びに地図及び建物所在地は、その性質上、永久保存されます。
出生届 14日 子供が生まれた時は、14日以内に届出義務者が、医師等の作成した出生証明書を添付して出生地の市町村役場に届け出なければなりません。期日を過ぎた場合には3万円以下の過料が科せられます。
死亡届 7日 死亡した場合には、一定の者が7日以内に診断書又は検案書を添付して死亡地の市町村長に届け出なければなりません。
国籍取得の届出 1ヶ月 国籍法に基づき国籍を取得した場合、その届出は、国籍を取得した者が、その取得の日から1ヶ月以内に届け出なければなりません。国外にある場合は、3ヶ月以内です。
転入届 14日 転入(ただし、出生による場合は除く)をした者は、転入をした日から14日以内に、氏名・住所等の一定の事項を市町村長に届け出ます。世帯や世帯主の変更があった場合の世帯変更届も同様です。
免許証有効期間 5回目の誕生日から1ヶ月 運転免許証の有効期間は、優良運転者・一般運転者・違反運転者等の別と、70歳未満・70歳・71歳以上の区分の組み合わせで、3年、4年、5年の有効期限が決まります。70歳未満で優良運転者・一般運転者なら5年です。
割賦販売契約の申込撤回 8日間 業者が営業所以外の場所で、換言すれば訪問販売で売った商品につき買手は8日以内なら取り消せます。
製造物責任の損害賠償 3年、10年 製品の欠陥がもとで事故が起こったとき製造業者への損害賠償請求権は、被害者等が、損害及び賠償義務者を知った時から3年間で時効にかかり、製造業者が製造物を引き渡した時から10年間が除斥期間になります。製造物責任法(PL法)により規定され、民法の不法行為による損害賠償と異なり故意・過失の立証が不要です。
宝くじの払戻 1年 当選懸賞金請求権は1年で消滅時効にかかります。
公営ギャンブルの払戻 60日 公営ギャンブルの的中投票権の払戻金や、投票が無効になったときの返還金の債権は、レースの翌日を1日目として60日間行わないときは時効によって消滅します。中央競馬、地方競馬、競輪、競艇、オートレースなど、全て共通です。
交通事故の保険金請求権 2年 強制保険は原則として、被害者請求は車保有者の責任発生時から2年、加害者請求は加害者が被害者に賠償金を支払ったときから2年です。なお、任意保険は賠償金支払時、示談書成立時から2年です。交通事故の損害賠償請求権の消滅時効は3年です。
電子記録債権の行使 3年 電子記録債権とは、手形や売掛債権を電子化したものをいいます。紙媒体に代わる決済手段として注目されています。電子記録債権は、3年間行使しないと時効により消滅します。電子記録の保存期間は、電子記録の種類に応じて5年・10年です。
身元保証契約の効力期間 3年 身元保証は契約書で期間を定めなければ、原則3年、商工業見習い者の身元保証契約は5年です。契約書で定める期間の最大限度は5年です。



債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
海外へ逃げて時効
商行為の時効とは
盗んだ物の取得時効
盗んだ不動産の取得時効
消滅時効と取得時効
時効完成の効果
時効の起算日
除斥期間とは
弁済日を決めない時効の起算日
土地の取得時効進行
時効完成後の借金支払い
時効取得した土地の売却
商人と非商人の時効期間
民法の債権消滅時効
所有権の消滅時効
地上権、永小作権、地役権の時効
担保物権(抵当権、質権)の消滅時効
所有権に基づく物件的請求権(物上請求権)の消滅時効
定期金債権の時効
判決で確定した権利の消滅時効
消滅時効5年
消滅時効3年
消滅時効2年
消滅時効1年
消滅時効期間の判例
商事消滅時効期間の判例
弁済期の定められた起算日
弁済期の定めのない起算日
割賦払い債権の起算点
初日不算入の原則
消滅時効の起算点の判例
慰謝料の消滅時効
遺留分減殺請求権の消滅時効
地上権・地役権の時効取得の効果
連帯保証や身元保証の時効
交通事故の示談と時効
取得時効要件の自主占有
取得時効要件の占有承継
取得時効要件の善意・悪意・無過失・有過失
取得時効の効力と起算日
時効による不動産取得と登記
取得時効の所有の意思の判例
所得時効の善意・無過失の判例
取得時効の登記の判例
取得時効と不動産侵奪罪
占有後の悪意と時効期間
所有の意思の表示
不動産登記簿の公信力
農地売買と時効取得
時効の援用
消滅時効の援用者
物上保証人、抵当不動産の第三取得者の消滅時効の援用
取得時効の援用権者
時効援用の場所と時期
時効完成前後の放棄
時効の援用権者
時効援用が信義則違反
国の債権の援用
時効の援用の判例
時効援用の信義則違反、権利濫用の実例
相続した債務の時効援用
連帯債務の時効の援用
抵当権の取得時効
借入金利息と消滅時効
債権譲渡と時効援用者
時効の中断とは
時効中断 裁判外の請求
時効中断 訴訟
時効中断 支払督促、和解、調停、破産手続参加
時効中断 承認
時効中断の効力
保証人への時効中断の効力
抵当権者への時効中断の効力
手形債権の時効の中断
取得時効の中断
除斥期間と時効の停止
裁判上の請求による時効中断の判例
催告や承認による時効中断の判例
差押、仮差押、仮処分による時効中断の判例
取得時効の中断方法
保証債務の附従性とは
手形の特殊な性質
破産・会社更生と時効中断
離婚の時効期間
親子関係の時効期間(婚姻中の夫以外の子)
親子関係の時効期間(婚姻中の妻以外の女性の子)
相続の時効期間(遺産分割と相続権侵害)
相続の時効期間(遺留分の侵害)
売買契約の時効
交通事故の損害賠償請求権の消滅時効
手形債権の消滅時効
白地手形の消滅時効
手形の遡及権の消滅時効
手形の利得償還請求権の消滅時効
手形債権の時効中断
銀行預金の消滅時効
形成権(取消権)の消滅時効
物件的請求権の消滅時効
抗弁権の消滅時効
抵当権の消滅時効
不動産賃借権の取得時効
公共用物の取得時効
取得時効進行中の相続
刑事事件の時効
消滅時効の判断
交通時効の加害者請求と被害者請求の時効
相殺と消滅時効
相対的商行為と時効
銀行預金は消費寄託契約
取締役報酬請求権の時効
拾得物の取得時効
時効の判例 除斥期間の起算点
時効の判例 時効中断
時効の判例 時効の起算点
時効の判例 時効利益の放棄
時効の判例 時効完成後の承認
時効の判例 消滅時効
貸金の時効期間一覧
売買代金の時効期間一覧
賃金や報酬の時効期間一覧
仕事上の債権の時効期間一覧
登記に関する時効期間一覧
担保権の時効期間一覧
損害賠償の時効期間一覧
定期債権をめぐる時効期間一覧
取得時効の時効期間一覧
民法に関する時効・権利行使期間一覧
商法に関する時効・権利行使期間一覧
手形法・小切手法の時効・権利行使期間一覧
民事訴訟法関係の時効・権利行使期間一覧
借地借家法の時効・権利行使期間一覧
特別法の時効・権利行使期間一覧
刑事上の時効期間一覧
時効の援用の判例一覧
時効の中断の判例一覧
取得時効の判例一覧
消滅時効の判例一覧
刑事事件の時効の判例
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします