相続の時効期間(遺留分の侵害)

債権回収の魂

相続の時効期間(遺留分の侵害)

スポンサードリンク
債権回収の魂時効の基礎知識>相続の時効期間(遺留分の侵害)
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

相続の時効期間(遺留分の侵害)

民法では、被相続人が死亡した場合、遺言があれば遺言の内容にしたがって相続することになります。

遺言がない場合に初めて、誰が相続人になるかで相続する割合を定めた法定相続分にしたがって相続するとしています。

夫が死亡し、妻と子がいれば、他に親や兄弟がいても相続人にはなれず、妻が2分の1、残りを子が等分に分けることになります。

子がいなければ、妻が3分の2で親が3分の1、親もいなければ妻が4分の3で兄弟姉妹が4分の1を相続します。

妻(配偶者)は常に相続人となり、誰と一緒に相続するかによって相続分が変わってくるのです。

この相続分は、遺産分割前であれば相続人以外の者に譲渡することができます。



他の相続人は、他人が遺産分割協議に参加してくると相続関係がもめる可能性も出てきますので、その価額又は費用を支払って、その相続分を譲り受ける事ができるとしています。

ただし、これができるのは譲渡の時から1ヶ月以内です。

被相続人が、遺言をする場合には、個別的に財産を指定して遺言することも、相続分を指定して遺言することも自由にできます。

また、相続人のうち1人に財産を与えることも、どこかへ寄付することも、自由にできます。

ただし、被相続人の死亡によって残された相続人の生活の保障及び相続人間の公平を図るために、相続財産の一定部分について、兄弟姉妹以外の相続人は受け取れると民法で規定しています。

この一定部分のことを、遺留分といいます。

遺留分の割合は、妻や子は相続財産の2分の1、親は3分の1です。

兄弟姉妹には遺留分権はありません。

遺留分算定の基礎となる財産は、被相続人が相続開始の時に持っていた財産から債務を控除した財産に、相続開始前1年以内に贈与した財産の価額、それに相続人に与えられた特別の贈与の価額を加算することになっています。

これらの贈与又は遺言の内容が遺留分を侵害する場合には、遺留分権者は贈与や遺贈された財産を取り戻すことができます。

これを遺留分減殺請求権といいます。

請求する相手方は、遺留分を侵害している相手です。

訴訟を提起するか、内容証明郵便によって請求することになります。

この遺留分請求権は、相続の開始を知り、かつ減殺を請求できる贈与や遺贈があったことを知ってから1年以内に請求しないと時効によって消滅します。

また、相続開始から10年を経過した場合も同様です。

前者は時効、後者は除斥期間といわれます。

遺留分減殺請求権を行使しておくと、1年の時効にはかからず、取戻権の性質にしたがった、例えば金銭債権であれば請求から10年というようにあらたな時効が進行することになります。


債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
海外へ逃げて時効
商行為の時効とは
盗んだ物の取得時効
盗んだ不動産の取得時効
消滅時効と取得時効
時効完成の効果
時効の起算日
除斥期間とは
弁済日を決めない時効の起算日
土地の取得時効進行
時効完成後の借金支払い
時効取得した土地の売却
商人と非商人の時効期間
民法の債権消滅時効
所有権の消滅時効
地上権、永小作権、地役権の時効
担保物権(抵当権、質権)の消滅時効
所有権に基づく物件的請求権(物上請求権)の消滅時効
定期金債権の時効
判決で確定した権利の消滅時効
消滅時効5年
消滅時効3年
消滅時効2年
消滅時効1年
消滅時効期間の判例
商事消滅時効期間の判例
弁済期の定められた起算日
弁済期の定めのない起算日
割賦払い債権の起算点
初日不算入の原則
消滅時効の起算点の判例
慰謝料の消滅時効
遺留分減殺請求権の消滅時効
地上権・地役権の時効取得の効果
連帯保証や身元保証の時効
交通事故の示談と時効
取得時効要件の自主占有
取得時効要件の占有承継
取得時効要件の善意・悪意・無過失・有過失
取得時効の効力と起算日
時効による不動産取得と登記
取得時効の所有の意思の判例
所得時効の善意・無過失の判例
取得時効の登記の判例
取得時効と不動産侵奪罪
占有後の悪意と時効期間
所有の意思の表示
不動産登記簿の公信力
農地売買と時効取得
時効の援用
消滅時効の援用者
物上保証人、抵当不動産の第三取得者の消滅時効の援用
取得時効の援用権者
時効援用の場所と時期
時効完成前後の放棄
時効の援用権者
時効援用が信義則違反
国の債権の援用
時効の援用の判例
時効援用の信義則違反、権利濫用の実例
相続した債務の時効援用
連帯債務の時効の援用
抵当権の取得時効
借入金利息と消滅時効
債権譲渡と時効援用者
時効の中断とは
時効中断 裁判外の請求
時効中断 訴訟
時効中断 支払督促、和解、調停、破産手続参加
時効中断 承認
時効中断の効力
保証人への時効中断の効力
抵当権者への時効中断の効力
手形債権の時効の中断
取得時効の中断
除斥期間と時効の停止
裁判上の請求による時効中断の判例
催告や承認による時効中断の判例
差押、仮差押、仮処分による時効中断の判例
取得時効の中断方法
保証債務の附従性とは
手形の特殊な性質
破産・会社更生と時効中断
離婚の時効期間
親子関係の時効期間(婚姻中の夫以外の子)
親子関係の時効期間(婚姻中の妻以外の女性の子)
相続の時効期間(遺産分割と相続権侵害)
相続の時効期間(遺留分の侵害)
売買契約の時効
交通事故の損害賠償請求権の消滅時効
手形債権の消滅時効
白地手形の消滅時効
手形の遡及権の消滅時効
手形の利得償還請求権の消滅時効
手形債権の時効中断
銀行預金の消滅時効
形成権(取消権)の消滅時効
物件的請求権の消滅時効
抗弁権の消滅時効
抵当権の消滅時効
不動産賃借権の取得時効
公共用物の取得時効
取得時効進行中の相続
刑事事件の時効
消滅時効の判断
交通時効の加害者請求と被害者請求の時効
相殺と消滅時効
相対的商行為と時効
銀行預金は消費寄託契約
取締役報酬請求権の時効
拾得物の取得時効
時効の判例 除斥期間の起算点
時効の判例 時効中断
時効の判例 時効の起算点
時効の判例 時効利益の放棄
時効の判例 時効完成後の承認
時効の判例 消滅時効
貸金の時効期間一覧
売買代金の時効期間一覧
賃金や報酬の時効期間一覧
仕事上の債権の時効期間一覧
登記に関する時効期間一覧
担保権の時効期間一覧
損害賠償の時効期間一覧
定期債権をめぐる時効期間一覧
取得時効の時効期間一覧
民法に関する時効・権利行使期間一覧
商法に関する時効・権利行使期間一覧
手形法・小切手法の時効・権利行使期間一覧
民事訴訟法関係の時効・権利行使期間一覧
借地借家法の時効・権利行使期間一覧
特別法の時効・権利行使期間一覧
刑事上の時効期間一覧
時効の援用の判例一覧
時効の中断の判例一覧
取得時効の判例一覧
消滅時効の判例一覧
刑事事件の時効の判例
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします