保証人への時効中断の効力

債権回収の魂

保証人への時効中断の効力

スポンサードリンク
債権回収の魂時効の基礎知識>保証人への時効中断の効力
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

保証人への時効中断の効力

民法457条1項に、主たる債務者に対し時効中断がされたときは当然に保証人にも効力が及ぶ、とされています。

保証債務は主たる債務に当然に附従するとされていますので、主たる債務に関して発生したことはすべて保証人に効力が及ぶのです。

主たる債務につき時効中断があると、その効力は連帯保証人にも及びます。

連帯債務者となると、少し違ってきます。

民法434条に「連帯債務者のうち1人に対する履行の請求は他の債務者に対して効力を生ずる」と定めており、民法440条には「前6条に規定する場合を除き、他の連帯債務者に対して効力を及ぼさない」としていますので、連帯債務者の中の1人に対して履行の請求という方法で時効を中断した時は、その中断の効力は他の債務者に及びますが、その他の理由による中断の場合は及ばない事になるのです。

また、保証人に対して時効中断があったときその効力が主たる債務者に及ぶかというと、これは及びません。



保証債務は主債務に附従しますが、主債務は保証債務に附従しないからです。

債権者が保証人や連帯保証人の財産につき差押、仮差押、仮処分をしたときは、保証債務について時効は中断しますが、それだけでは主たる債務の時効を中断しないのが原則です。

しかし、民法155条によると、右の差押や仮差押のあったことを主たる債務者に通知した時は、主たる債務についても時効が中断すると規定しているのです。

この通知の方法としては内容証明郵便でもよいですし、裁判所から主たる債務者を利害関係人として差押、競売開始決定書等を送達してもらうこともできます。

連帯保証人や連帯債務者に対する時効中断は、原則として主たる債務者に及びません。

連帯債務者の1人に対する請求は他の債務者にも時効中断の効力を及ぼしますので、履行の請求による中断だけは例外的に主たる債務者にも効力を及ぼす事になります。

履行を請求する訴訟を連帯債務者や連帯保証人に対して提起すれば、主たる債務者を被告にしていなくても主たる債務の時効も中断する事になります。

民法458条は、民法434条を連帯保証人についても準用していますので、履行の請求に関しては両者は同じ扱いとなります。

主たる債務者に対して確定判決があったときは時効10年となり、この場合、連帯保証人や保証人に対しては判決がないときでも保証人の債務も同様に10年の時効になるとされています。

この逆に、保証人や連帯保証人に対しては確定判決があって時効が10年になっても、主たる債務の時効が10年にならないとされています。

保証債務は主債務に附従しているということで、連帯債務は債務者同士が独立し対立しているのですが、履行の請求だけは例外なのです。


債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
海外へ逃げて時効
商行為の時効とは
盗んだ物の取得時効
盗んだ不動産の取得時効
消滅時効と取得時効
時効完成の効果
時効の起算日
除斥期間とは
弁済日を決めない時効の起算日
土地の取得時効進行
時効完成後の借金支払い
時効取得した土地の売却
商人と非商人の時効期間
民法の債権消滅時効
所有権の消滅時効
地上権、永小作権、地役権の時効
担保物権(抵当権、質権)の消滅時効
所有権に基づく物件的請求権(物上請求権)の消滅時効
定期金債権の時効
判決で確定した権利の消滅時効
消滅時効5年
消滅時効3年
消滅時効2年
消滅時効1年
消滅時効期間の判例
商事消滅時効期間の判例
弁済期の定められた起算日
弁済期の定めのない起算日
割賦払い債権の起算点
初日不算入の原則
消滅時効の起算点の判例
慰謝料の消滅時効
遺留分減殺請求権の消滅時効
地上権・地役権の時効取得の効果
連帯保証や身元保証の時効
交通事故の示談と時効
取得時効要件の自主占有
取得時効要件の占有承継
取得時効要件の善意・悪意・無過失・有過失
取得時効の効力と起算日
時効による不動産取得と登記
取得時効の所有の意思の判例
所得時効の善意・無過失の判例
取得時効の登記の判例
取得時効と不動産侵奪罪
占有後の悪意と時効期間
所有の意思の表示
不動産登記簿の公信力
農地売買と時効取得
時効の援用
消滅時効の援用者
物上保証人、抵当不動産の第三取得者の消滅時効の援用
取得時効の援用権者
時効援用の場所と時期
時効完成前後の放棄
時効の援用権者
時効援用が信義則違反
国の債権の援用
時効の援用の判例
時効援用の信義則違反、権利濫用の実例
相続した債務の時効援用
連帯債務の時効の援用
抵当権の取得時効
借入金利息と消滅時効
債権譲渡と時効援用者
時効の中断とは
時効中断 裁判外の請求
時効中断 訴訟
時効中断 支払督促、和解、調停、破産手続参加
時効中断 承認
時効中断の効力
保証人への時効中断の効力
抵当権者への時効中断の効力
手形債権の時効の中断
取得時効の中断
除斥期間と時効の停止
裁判上の請求による時効中断の判例
催告や承認による時効中断の判例
差押、仮差押、仮処分による時効中断の判例
取得時効の中断方法
保証債務の附従性とは
手形の特殊な性質
破産・会社更生と時効中断
離婚の時効期間
親子関係の時効期間(婚姻中の夫以外の子)
親子関係の時効期間(婚姻中の妻以外の女性の子)
相続の時効期間(遺産分割と相続権侵害)
相続の時効期間(遺留分の侵害)
売買契約の時効
交通事故の損害賠償請求権の消滅時効
手形債権の消滅時効
白地手形の消滅時効
手形の遡及権の消滅時効
手形の利得償還請求権の消滅時効
手形債権の時効中断
銀行預金の消滅時効
形成権(取消権)の消滅時効
物件的請求権の消滅時効
抗弁権の消滅時効
抵当権の消滅時効
不動産賃借権の取得時効
公共用物の取得時効
取得時効進行中の相続
刑事事件の時効
消滅時効の判断
交通時効の加害者請求と被害者請求の時効
相殺と消滅時効
相対的商行為と時効
銀行預金は消費寄託契約
取締役報酬請求権の時効
拾得物の取得時効
時効の判例 除斥期間の起算点
時効の判例 時効中断
時効の判例 時効の起算点
時効の判例 時効利益の放棄
時効の判例 時効完成後の承認
時効の判例 消滅時効
貸金の時効期間一覧
売買代金の時効期間一覧
賃金や報酬の時効期間一覧
仕事上の債権の時効期間一覧
登記に関する時効期間一覧
担保権の時効期間一覧
損害賠償の時効期間一覧
定期債権をめぐる時効期間一覧
取得時効の時効期間一覧
民法に関する時効・権利行使期間一覧
商法に関する時効・権利行使期間一覧
手形法・小切手法の時効・権利行使期間一覧
民事訴訟法関係の時効・権利行使期間一覧
借地借家法の時効・権利行使期間一覧
特別法の時効・権利行使期間一覧
刑事上の時効期間一覧
時効の援用の判例一覧
時効の中断の判例一覧
取得時効の判例一覧
消滅時効の判例一覧
刑事事件の時効の判例
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします