盗んだ物の取得時効

債権回収の魂

盗んだ物の取得時効

スポンサードリンク
債権回収の魂時効の基礎知識>盗んだ物の取得時効
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

盗んだ物の取得時効

盗んだ時計を20年間以上、所有していれば取得時効にかかるのか、という問題があります。

時効には、消滅時効と取得時効があります。

消滅時効には、その期間が1年から10年まで、いろいろな期間があります。

取得時効については、その期間は10年と20年の2種類になります。

善意20年、悪意10年といっています。

法的に、善意とは他人の物と知らなかったこと、悪意とは他人の物と知っていたことをいいます。

他人の土地を自分の物と誤信して10年間、占有していると自分の物になります。

また、他人の土地を他人の物と知りつつ20年間、占有していると、やはり自分の物になるのです。

「他人の土地と知りつつ、これを占有したということ」は、他人の土地を盗み取ったことになるのではないかが、問題になります。

しかし、民法162条1項(悪意20年の規定)では、「20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する」とあり、悪意の場合でも平穏かつ公然という条件がついているのです。



この平穏というのは、判例によると「平穏の占有とは、その占有の取得又はその保持につき、暴行、強迫などの違法強暴の行為を用いていないものをいい」となっています。

違法強暴の手段で占有開始し、又は占有継続しているものは、時効で取得する事はありません。

時計は動産ですから、動産の場合には、民法192条に善意取得(即時取得)という規定があり、善意の時は即時に、その物の所有権を取得します。

時計泥棒は、善意者ではありませんから、即時取得にはなりません。

しかし、時計泥棒が20年以上持っていたとしたらどうなるのでしょうか?

民法によれば、20年のときは悪意でよいのですが、占有が平穏かつ公然である必要があります。

泥棒の占有は平穏な占有とはいえず、泥棒が何年間、その盗品を占有しても、その者の所有者にはならないのです。

民法118条には、「占有者が占有物について行使する権利は、適法に有するものと推定する」と定められています。

これは、物を持っている人は、その物の所有者とみなすことが出来るという意味です。

時計を腕にはめている人は、その時計の所有者と推定されるのです。

推定とは、「反証なき限り所有者とみなす」ということです。

時計の真の所有者が出てきて、泥棒へ反証すれば良いのですが、反証できない場合もあります。

しかも、泥棒から時計を買ったり貰ったりした人は、それを盗品と知らない限り即時に、その所有権を正式に取得します。

真の所有者は、盗難から2年以内なら、即時取得者から取り返しを請求する事ができますが、それを過ぎたら、真の所有者は泥棒相手に不法行為による損害賠償請求をすることができるだけにとどまってしまします。

この請求権も3年経つと時効で消滅しますが、犯人不明の時は20年間は請求できます。

債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
海外へ逃げて時効
商行為の時効とは
盗んだ物の取得時効
盗んだ不動産の取得時効
消滅時効と取得時効
時効完成の効果
時効の起算日
除斥期間とは
弁済日を決めない時効の起算日
土地の取得時効進行
時効完成後の借金支払い
時効取得した土地の売却
商人と非商人の時効期間
民法の債権消滅時効
所有権の消滅時効
地上権、永小作権、地役権の時効
担保物権(抵当権、質権)の消滅時効
所有権に基づく物件的請求権(物上請求権)の消滅時効
定期金債権の時効
判決で確定した権利の消滅時効
消滅時効5年
消滅時効3年
消滅時効2年
消滅時効1年
消滅時効期間の判例
商事消滅時効期間の判例
弁済期の定められた起算日
弁済期の定めのない起算日
割賦払い債権の起算点
初日不算入の原則
消滅時効の起算点の判例
慰謝料の消滅時効
遺留分減殺請求権の消滅時効
地上権・地役権の時効取得の効果
連帯保証や身元保証の時効
交通事故の示談と時効
取得時効要件の自主占有
取得時効要件の占有承継
取得時効要件の善意・悪意・無過失・有過失
取得時効の効力と起算日
時効による不動産取得と登記
取得時効の所有の意思の判例
所得時効の善意・無過失の判例
取得時効の登記の判例
取得時効と不動産侵奪罪
占有後の悪意と時効期間
所有の意思の表示
不動産登記簿の公信力
農地売買と時効取得
時効の援用
消滅時効の援用者
物上保証人、抵当不動産の第三取得者の消滅時効の援用
取得時効の援用権者
時効援用の場所と時期
時効完成前後の放棄
時効の援用権者
時効援用が信義則違反
国の債権の援用
時効の援用の判例
時効援用の信義則違反、権利濫用の実例
相続した債務の時効援用
連帯債務の時効の援用
抵当権の取得時効
借入金利息と消滅時効
債権譲渡と時効援用者
時効の中断とは
時効中断 裁判外の請求
時効中断 訴訟
時効中断 支払督促、和解、調停、破産手続参加
時効中断 承認
時効中断の効力
保証人への時効中断の効力
抵当権者への時効中断の効力
手形債権の時効の中断
取得時効の中断
除斥期間と時効の停止
裁判上の請求による時効中断の判例
催告や承認による時効中断の判例
差押、仮差押、仮処分による時効中断の判例
取得時効の中断方法
保証債務の附従性とは
手形の特殊な性質
破産・会社更生と時効中断
離婚の時効期間
親子関係の時効期間(婚姻中の夫以外の子)
親子関係の時効期間(婚姻中の妻以外の女性の子)
相続の時効期間(遺産分割と相続権侵害)
相続の時効期間(遺留分の侵害)
売買契約の時効
交通事故の損害賠償請求権の消滅時効
手形債権の消滅時効
白地手形の消滅時効
手形の遡及権の消滅時効
手形の利得償還請求権の消滅時効
手形債権の時効中断
銀行預金の消滅時効
形成権(取消権)の消滅時効
物件的請求権の消滅時効
抗弁権の消滅時効
抵当権の消滅時効
不動産賃借権の取得時効
公共用物の取得時効
取得時効進行中の相続
刑事事件の時効
消滅時効の判断
交通時効の加害者請求と被害者請求の時効
相殺と消滅時効
相対的商行為と時効
銀行預金は消費寄託契約
取締役報酬請求権の時効
拾得物の取得時効
時効の判例 除斥期間の起算点
時効の判例 時効中断
時効の判例 時効の起算点
時効の判例 時効利益の放棄
時効の判例 時効完成後の承認
時効の判例 消滅時効
貸金の時効期間一覧
売買代金の時効期間一覧
賃金や報酬の時効期間一覧
仕事上の債権の時効期間一覧
登記に関する時効期間一覧
担保権の時効期間一覧
損害賠償の時効期間一覧
定期債権をめぐる時効期間一覧
取得時効の時効期間一覧
民法に関する時効・権利行使期間一覧
商法に関する時効・権利行使期間一覧
手形法・小切手法の時効・権利行使期間一覧
民事訴訟法関係の時効・権利行使期間一覧
借地借家法の時効・権利行使期間一覧
特別法の時効・権利行使期間一覧
刑事上の時効期間一覧
時効の援用の判例一覧
時効の中断の判例一覧
取得時効の判例一覧
消滅時効の判例一覧
刑事事件の時効の判例
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします