小規模個人再生の再生計画案

債権回収の魂

小規模個人再生の再生計画案

スポンサードリンク
債権回収の魂自己破産の予備知識>小規模個人再生の再生計画案
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

小規模個人再生の再生計画案

裁判所に提出する再生計画は各債権者に平等なものでなければならず、再生計画には、最長弁済期間、最低弁済基準、清算価値保障原則の定めがあります。

再生計画は、これを満たした内容で、かつ債権者の書面による決議が得られる内容でなければなりません。

@返済方法・返済期間についての制約(最長弁済期間)

返済方法は、弁済期が3ヶ月に1回以上到来する分割払いによるとされています。

返済期間は、「原則として再生計画認可決定の確定の日から3年後の日の属する月中の日、特別な事情があるときは5年を超えない範囲内で3年後の日が属する月の翌月の初日以降の日」とされています。

通常の場合には3年間、特別な場合には5年間で返済することが必要ということになります。

ただし、債権者の同意があれば別です。



A返済額についての制限

・最低弁済基準

再生計画に基づく弁済の総額は、基準債権の総額の5分の1又は100万円のいずれか多い額を下回ってはならないことになっています。

ただし、基準債権の総額の5分の1が300万円を超える場合には、300万円を超えていればよいことになっています。

この返済総額には住宅ローンは含まれず、住宅ローンの返済は別途考える必要があります。

・清算価値の保障

再生計画における総額が、仮に破産手続が行われ配当が行われた場合の総額を下回るような場合には、民事再生手続の不許可事由に該当し、再生計画が決議されたとしても不認可となります。

破産の場合の配当よりも多く返済することが債権者の利益のために保障されています。

再生計画が認可された後に下回ることが明らかになった場合も同様で、裁判所は債権者の申立によりその再生計画を取り消す決定をすることができます。

債権回収の無料法律相談はこちら


債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
利息制限法とは
多重債務の整理方法
任意整理の手続
自己破産とは
支払不能の状態とは
自己破産の手続
同時廃止とは
財産がある場合の自己破産
破産宣告とは
破産者の受ける不利益とは
破産者の就けない職業
自己破産のデメリット
免責手続の流れ
免責の決定
免責不許可事由とは
自己破産の費用
自己破産の管轄裁判所
自己破産の申立書類
破産申立書の作成
破産申立の通知書
自己破産申立後の手続
自己破産の審尋
免責とは
ギャンブルが原因の免責
免責申立の手続
免責申立期間
免責申立の審尋
免責の申立書
免責の異議申立
免責の決定
免責の不許可
免責不許可の抗告状ひな形
免責確定と復権
破産申立中の取立
免責手続中の強制執行
自己破産と保証人
自己破産とブラックリスト
小額借金の自己破産
ギャンブルによる借金の自己破産
カードの使いすぎで自己破産
夫婦の自己破産
家族に内緒で自己破産
会社と個人保証の自己破産
外国籍の自己破産
不法行為債務の自己破産
自己破産で子供への影響
夜逃げで借金の支払義務
夫の借金の支払義務
勝手に保証契約
未成年者の借金の責任
自己破産で賃貸借の解約
自己破産と家財道具・生命保険
自己破産とローン支払中の車
自己破産とローン支払中の自宅
給料の差押とは
自己破産と退職金
貸金業者の給料の支払請求
取立屋の対処
無断で自分名義で借金
保険証の盗難で借金
カードの盗難で支払請求
クレジットカードの貸与
保証人をやめたい
保証人の求償権
取立屋の暴力
家族の支払義務
白紙委任状と印鑑証明
クレジットカードの担保
生活保護受給カードの担保
借金の返済ができないと詐欺罪
支払済みの借金の請求
時効の借金
悪質取立に慰謝料請求
破産に関する判例
免責に関する判例
特定調停のメリット
特定調停の手続の流れ
特定調停の申立
小規模個人再生とは
小規模個人再生手続の流れ
小規模個人再生の再生計画案
給与所得者等再生とは
給与所得者等再生手続の流れ
給与所得者等再生の再生計画案
住宅資金貸付債権の特則とは
住宅資金貸付債権がある場合の手続の流れ
住宅資金特別条項案
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします