抵当権の実行

債権回収の魂

抵当権の実行

スポンサードリンク
債権回収の魂担保と保証の基礎知識>抵当権の実行
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

抵当権の実行

抵当権者は債務者が被担保債権について弁済期に弁済をしない場合に抵当物件を競売に付し、その競落金から他の債権者に優先して弁済を受ける事ができることになります。

競売については、民事執行法に定められています。

目的不動産の競売は、その目的不動産の所在地を管轄する地方裁判所に対して行います。

申立に際しては一定の事項を記載した申立書を提出し、必要な書類を添付しなければなりません。

裁判所の迅速な事務処理のため、当事者目録、担保権・被担保債権・請求債権目録、物件目録、登記用の物件目録、権利者・義務者目録を各々、相当部数提出し、予納郵券も必要になります。

裁判所から手続費用の予納を命じられた時は、それも納付します。

競売開始決定にともなう差押の登録免許税として債権額の1000分の4相当額が必要になります。

裁判所は申立を適法と認めれば、不動産競売開始決定をし、債権者のために不動産を差し押さえる旨を宣言します。

開始決定は債務者にも送達されます。

裁判所書記官は直ちに差押の登記を嘱託します。

差押の効力は、開始決定が債務者に送達された時に生ずるのが原則ですが、差押の登記がその開始決定送達前になされたときは、登記のときに生ずる事になっています。

差押の効力が生じますと、裁判所は競売開始決定がなされた旨と配当要求の終期を公告します。

差押の登記前に登記された仮差押の債権者や先取特権、質権又は抵当権で売却によって消滅するものを有する債権者などに対し、裁判所が定めた配当要求の終期までに債権を届け出るよう催告もします。



裁判所は、不動産の現況について執行官に調査を命じ、執行官は調査の上所定の日までに裁判所に現況調査報告書を提出してきます。

裁判所は、不動産の評価につき、評価人を選任し、不動産の評価も命じますので、評価人からも評価書が提出されてきます。

この評価書に基づいて、裁判所は最低売却価格を定めます。

目的不動産についてこうした現況調査報告書や評価書等に基づき、裁判所は物件明細書を作り、一般の閲覧に供するためにその写しを裁判所に備え、インターネットにも公示します。

不動産の売却は、裁判所の定める売却の方法によって行われますが、この方法には入札又は競り売りのほか、特別売却というのがあります。

これらの売却方法をとるかは、裁判所の裁量に委ねられています。

入札については、入札期日に入札させた後開札を行う期日入札と、入札期間内に入札書によって入札させ、開札を行う期間入札という方法があります。

入札又は競り売りの方法によって売却する時は、裁判所は売却の日時と場所を定め、執行官に売却を実施させなければなりませんが、その場合は売却すべき不動産の表示、最低売却価格並びに売却の日時、場所が公告されます。

期日入札の方法による場合は、入札期日の2週間前までに裁判所は所定の事項を公告します。

入札期日等の日時・場所は差押債権者や債務者、配当要求をしている債権者など利害関係人に通知されます。

入札は入札期日に所定の事項を記載した入札書を執行官に差し出す方法によって行われます。

入札が締め切られると開札されることになり、執行官は、開札が終わった時は最高価買受申出人を定め、その氏名や入札価格を告げます。

最高価買受申出人が決まり、裁判所が売却決定期日に売却許可決定をし、これが確定すると、それで換価手続は終了します。

買受人は、代金納付期限までに代金を裁判所に納付し、この代金納付をしたときにその不動産を取得する事になります。

それとともに登記を受けます。

裁判所は買受人から代金が納付された場合、債権者が1人の時又は2人以上であっても売却代金で各債権者の債権と執行費用全部を弁済する事が出来る時は、弁済金交付の日を定め、売却代金の交付計算書によって債権者に弁済金を交付します。

そうでないときは、配当期日を定め、配当票を作り、これに基づいて配当が行われることになります。


債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の魂
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
担保の調査
担保の種類
物的担保の対抗要件
担保実行の必要性
担保の交渉
抵当権の設定
質権の設定
代物弁済の予約と仮登記担保
譲渡担保
登録自動車の担保
商品や原材料の担保
機械や器具の担保
借地権と借家権の担保
債権質の設定
債権質権設定契約書ひな形
債権譲渡契約書ひな形
債権譲渡通知書ひな形
債権の譲渡担保
代理受領とは
銀行預金の担保
株式の担保
公社債の担保
手形の担保
敷金・入居保証金の担保
火災保険金請求権の担保
工業所有権の担保
ゴルフ会員権の担保
人的担保とは
保証契約の締結
保証契約書ひな形
保証書ひな形
保証契約書作成
保証債務の性質
保証人の権利義務
保証人の求償権
根保証とは
連帯保証とは
連帯保証契約書の作成
連帯保証条項のある金銭消費貸借契約書ひな形
連帯保証書ひな形
手形保証とは
手形保証の念書ひな形
身元保証とは
身元保証に関する法律
身元保証書ひな形
身元保証契約の注意点
連帯債務とは
債務引受とは
免責的債務引受契約書ひな形
重畳的債務引受契約書ひな形
債務引受契約書作成
担保物権の性質
約定担保物権とは
留置権とは
先取特権とは
抵当権とは
抵当権の設定
金銭消費貸借抵当権設定契約書ひな形
抵当権設定契約書作成
根抵当権とは
根抵当権の債権の範囲
根抵当権の確定
根抵当権設定契約書ひな形
根抵当権設定等契約書ひな形(代物弁済)
根抵当権設定契約書作成
抵当権の設定と登記
不動産登記とは
抵当権の順位
抵当権設定者が登記を拒む時
抵当権設定後の処分
代価弁済・抵当権消滅制度とは
賃借人の明渡猶予制度
抵当権の実行
不動産競売申立書ひな形
抵当権の優先弁済の範囲
担保不動産収益執行とは
担保不動産収益執行手続の流れ
質権とは
質権設定の方法
動産質権設定契約書ひな形
質権設定契約書作成
質権設定できる物
根質とは
転質とは
根質権設定契約書ひな形
動産質とは
不動産質とは
権利質とは
債権質設定契約書ひな形
債権質入の通知書ひな形
流質契約とは
代物弁済の予約とは
仮登記担保権とは
代物弁済の予約と仮登記担保契約
仮登記担保契約書ひな形(代物弁済の予約)
代物弁済予約の仮登記の必要性
仮登記担保権の実行通知
仮登記担保と利害関係人
仮登記担保権の清算義務
仮登記担保権の清算と受戻権
代物弁済予約完結と清算等の通知書ひな形
根担保仮登記とは
譲渡担保とは
譲渡担保の流れ
譲渡担保と第三者
譲渡担保の設定
譲渡担保設定等契約書ひな形
譲渡担保の債権回収
代理受領とは
所有権留保とは
契約書の必要性
担保物の対抗要件
担保物の変動
保証債務の相続
保証期限延期約定書ひな形
根保証人の相続
根保証人の解約権
保証人が代位弁済
抵当物件の滅失等価値減少
譲渡担保の表示
抵当権の土地に建物建築
土地・建物の一方の抵当権
抵当建物の増築・改築
抵当物件の処分・賃貸
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします