契約書の作成

債権回収の魂

契約書の作成

スポンサードリンク
債権回収の魂債権回収の基礎知識>契約書の作成
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

契約書の作成

◇契約書の必要性

本来、契約は当事者の合意により成立するので、書面の作成は必ずしも必要ではありません。

書面がなくても契約は成立します。

ただし、保証契約は、書面でなければ、その効力は生じないことになりました。

また、特別法で特定の契約につき書面の作成・交付が必要とされるものもあります。

特定の契約でなくても、原則として取引に際しては契約書を作成する必要があります。

契約内容を明確にし、訴訟や仮差押などの法的手続きに必要だからです。


◇期限の利益喪失条項

契約で履行期限が定められている場合、期限が到来するまでの間は債務の履行が猶予されます。

このように期限の到来まで債務者が受ける利益を期限の利益といいます。

民法は、下記の場合に、債務者は期限の利益を主張することができないと規定しています。

@破産手続開始の決定を受けたとき

A債務者が担保を滅失、損傷、減少させたとき

B債務者が担保提供義務を怠ったとき

債務者は、約束の期限が到来しなくても、直ちに債務を弁済しなければなりません。

実務では、民法に定める場合の他に、特約で期限の利益を喪失させる合意をしています。

これを期限の利益喪失約款といいます。

期限の利益喪失約款は、下記の場合に意味があります。

@代金債権の期限は未だ到来しないものの、債務者が売主以外の他の第三者に対し振り出した手形が不渡りになったとき、また、債務者が他から差押を受けたときなど、債務者に信用不安があっても期限が到来していないため債権回収行為に入ることができない場合があります。

このような場合に、契約締結時に「債務者が1回でも不渡事故を起こしたとき」「債務者に差押命令の申立があったとき」は期限の利益を喪失する、と合意しておけば、すぐに債権を回収できます。

A貸金債権について、債務者が支払困難になり、分割弁済で和解をしたところ、第1回の弁済期から支払わなくなってしまった場合、そのままでは各分割弁済時に、しかも期限の到来した分割金合計額しか権利行使ができないということになります。

このような場合には、「分割金の支払いを1回でも怠ったとき」には、分割金のすべてについて期限の利益を喪失する、と合意しておけば、債務者は残額を一時に支払わなければならなくなり、債権者は直ちに貸金全額を返還請求できることになります。




◇利息・損害金条項

利息・損害金に関する合意がない場合は、買主が代金を支払わないときに、民事では5%、商事では6%の損害金しか請求できません。

貸金債権の利息については、利息制限法により次の制限があり、これを超える約束をしても超える部分は無効となります。

元本が10万円未満の場合 年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
元本が100万円以上の場合 年15%

損害金についても、賠償額の元本に対する割合が、上記制限率の1.46倍を超える約束しても、その超過部分は無効になります。


◇契約解除条項

売買契約における代金支払期限より前に買主が不渡を出した場合など、信用不安を起こしても期限が来ていないので、売主は何ら法的手続きを取ることが出来ないことがあります。

買主は債務不履行がなくても、売主は契約を解除して商品を取り戻すなどの行為が出来るように、法定の解除原因のほかに、売主・買主間の合意で解除原因を定めておくことができます。


◇公正証書作成条項

「甲は甲の費用負担において、いつでも本契約について強制執行認諾約款を付した公正証書の作成に応ずる」という趣旨の規定を設けておけば、公正証書を作成することによって訴えを提起する手間を省くことができます。


◇管轄条項

契約書の中で「自己の住所地を管轄する裁判所を管轄裁判所とする」と合意をしておくと、その後の紛争に対処しやすくなります。

債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の基礎知識
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
手形債権・小切手債権
手形債権・小切手債権とは
約束手形・小切手の記載事項
手形決済を受けた場合の利用法
手形を受け取る際の注意
手形取立の注意
手形の不渡り
手形のジャンプ
融通手形
手形・小切手の紛失と盗難
時効
時効
消滅時効の時効期間
時効の中断
時効の停止
時効の援用
債権の担保
担保とは
抵当権
根抵当権
質権
譲渡担保
所有権留保
代理受領・振込指定
留置権
先取特権
保証人
根保証
貸金等根保証契約
保証と時効
保証と抵当権
不可分債務と連帯債務
併存的(重畳的)債務引受
第三者弁済
日常家事の債務の連帯責任
契約締結の注意点
法人との契約締結
契約書の作成
連帯保証人等の条項
抵当権・根抵当権の設定
保証契約
継続的商品取引契約
特約店(代理店)契約
信用調査
信用調査とは
収益性分析
安全性分析
成長性分析
損益分岐点分析
財務分析
不動産登記簿謄本の調査
商業登記簿謄本の調査
債権回収手続
債務名義
訴訟
支払督促
小額訴訟
即決和解
手形訴訟
公正証書
強制執行
金銭執行
不動産執行
動産執行
債権執行
財産開示手続
強制執行できない場合
仮差押
仮差押の手続
仮差押の効力
不渡異議申立預託金の仮差押
担保権による債権回収
不動産担保権の実行
担保不動産競売
担保不動産競売の申立手続
当事者が死亡した場合の担保不動産競売
担保不動産競売の注意
抵当権消滅請求
一括競売と一括売却
担保不動産収益執行
物上代位
信用不安の対処
契約の解除
債務不履行
約定解除
自社商品の引揚げ
他社商品の引揚げ(代物弁済)
仮処分
債権譲渡
相殺
債権者代位権
債権者の抜け駆け
詐害行為取消権
否認権
第三者責任訴訟
法人格否認の法理
債務者の倒産・死亡
債務者の倒産
破産手続の申立
民事再生の申立
会社更生の申立
特別清算の申立
債務者死亡の場合
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします