手形取立の注意

債権回収の魂

手形取立の注意

スポンサードリンク
債権回収の魂債権回収の基礎知識>手形取立の注意
最初にこちらのページに来られた方はトップページからどうぞ。

手形取立の注意

@取立ての際に白地であっても支払担当者である銀行は支払をします。

ただし、白地手形の取立は、裏書人への遡及するための有効な呈示が無いとされます。

支払呈示期間を経過して、手形が不渡りになったとき、裏書人に遡及できなくなりますので、手形を取立に回すときには、白地を補充する必要があります。

A支払期日を含む3日間である支払呈示期間を経過すると銀行に取立委任を依頼できないので、直接振出人に手形を呈示しなければなりません。

その際支払いを拒絶されても振出人は不渡り処分を受けません。



B支払いのために振出日白地の小切手を受領している場合、振出人が他の手形、小切手で不渡りを出した場合、満期前遡及により不渡りの付箋をつける必要があるときは、振出日はその日から10日以内の日付にしなければなりません。

10日以前の日を振出日とした場合は適法な提示が無いということで振出人に遡及できなくなります。

C手形の裏書人に満期前遡及を行なう場合は、振出人に呈示した証明が必要となりますが、これは公証人と振出人が本人にであること確認したうえ、支払いの意思が無いことについて事実実験公正証書を作成してもらい、それにより証明することになります。

(*)手形の決済方法とは

手形の支払場所として手形に銀行店舗名が記載されていますが、銀行はその直接取立に応じないので、手形所持人は、自己の取引銀行へ取立委任をし、取引銀行がこの手形を呈示期間内に手形交換所に持ち出します。

支払場所として指定されている銀行が交換所から手形を持ち帰り、振出人の当座預金口座から手形金額を落とすことにより決済します。

債権回収の無料法律相談はこちら

債権回収の基礎知識
Amazonで債権回収を調べてみる
債権回収と担保・保証の法律がわかる事典
究極の債権回収マニュアル
手形債権・小切手債権
手形債権・小切手債権とは
約束手形・小切手の記載事項
手形決済を受けた場合の利用法
手形を受け取る際の注意
手形取立の注意
手形の不渡り
手形のジャンプ
融通手形
手形・小切手の紛失と盗難
時効
時効
消滅時効の時効期間
時効の中断
時効の停止
時効の援用
債権の担保
担保とは
抵当権
根抵当権
質権
譲渡担保
所有権留保
代理受領・振込指定
留置権
先取特権
保証人
根保証
貸金等根保証契約
保証と時効
保証と抵当権
不可分債務と連帯債務
併存的(重畳的)債務引受
第三者弁済
日常家事の債務の連帯責任
契約締結の注意点
法人との契約締結
契約書の作成
連帯保証人等の条項
抵当権・根抵当権の設定
保証契約
継続的商品取引契約
特約店(代理店)契約
信用調査
信用調査とは
収益性分析
安全性分析
成長性分析
損益分岐点分析
財務分析
不動産登記簿謄本の調査
商業登記簿謄本の調査
債権回収手続
債務名義
訴訟
支払督促
小額訴訟
即決和解
手形訴訟
公正証書
強制執行
金銭執行
不動産執行
動産執行
債権執行
財産開示手続
強制執行できない場合
仮差押
仮差押の手続
仮差押の効力
不渡異議申立預託金の仮差押
担保権による債権回収
不動産担保権の実行
担保不動産競売
担保不動産競売の申立手続
当事者が死亡した場合の担保不動産競売
担保不動産競売の注意
抵当権消滅請求
一括競売と一括売却
担保不動産収益執行
物上代位
信用不安の対処
契約の解除
債務不履行
約定解除
自社商品の引揚げ
他社商品の引揚げ(代物弁済)
仮処分
債権譲渡
相殺
債権者代位権
債権者の抜け駆け
詐害行為取消権
否認権
第三者責任訴訟
法人格否認の法理
債務者の倒産・死亡
債務者の倒産
破産手続の申立
民事再生の申立
会社更生の申立
特別清算の申立
債務者死亡の場合
Copyright (C)債権回収の魂All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします